加藤直樹の心理相談・治療

神奈川県大磯町にあるヴェール心理カウンセリング TEL 0463-62-0325

こころ

人に気をつかうのは程ほどにしておく

人に気をつかうのは人間としてすばらしいことです。ただ、あまり気をつかいすぎると疲れてしまいますし、気をつかうことが強迫的になると心を病んでしまいます。 気をつかうのは程ほどにしておくのがいい。しかしどうしても自分で変えられないということでし…

「人に対して優しくなりたい」という願い

「人に対して優しくなりたい」という願いをもったかたは、私にご相談ください。

「人から好かれたい」とも「人から嫌われてもいい」とも思える

私たちは様々な考えや気持ちになりながら暮らしています。たとえば、「人から好かれたい」という気持ちにもなれば、「人から嫌われてもいい」という気持ちにもなりますし、その間で心が揺れることもあります。 あるいは「人から関心をもたれたい」と感じると…

心が強い人もいれば心が弱い人もいる

世の中には心が強い人もいれば、心が弱い人もいます。色々な人がいて人間です。ですから、全員が心を強くする必要などありません。

心理カウンセリングの過程で起こる心の現象

心理カウンセリングでは「語る人」がいて、それをじっくり「聴く人」がいる、そういう状況になります。日常とはかけ離れた空間に二人で佇(たたず)み、そして対話が進んでいきます。 それはクライエントがカウンセラーと話しているのだけれども、一方でクラ…

知識を手に入れるよりも愛情をたくさんもらう

過去からつらい経験をしてきたりトラウマなどを抱えていれば、そこから回復しようとよりよく生きようともがいてきているはずです。たとえば知識や情報をたくさん手に入れようとしたりすることもみられます。 なぜなら、知識を身につければ何かの解答が得られ…

人が心を開くとき

人はどんな時に心を開くかといったら、自分のことを親身に聴いてくれたり、自分のことに関心をもって一緒にいてくれると感じた時でしょう。いくら正しいことを説教しても人は心を開かないものです。

「心を読む」という意味

「心を読む」というのは、どんな気持ちかを読むということではなくて、心の動きや働きを深く考えるということです。少し難しい言葉を使うと、心の構造がどうなっているかをみることでもあります。

こころを磨くのは大変

「こころもからだも磨く」なんて世間では簡単に言いますけど、こころを磨こうと思ったら何年もかかりますからとても大変なことです。 からだを磨くのは運動したりスポーツをしたりして体を鍛えたり、また生活態度を気をつけたり、あるいはエステにいったりな…

人の相談をうけるだけでなく、自分自身も相談をすること

人の相談を受けている人は、自分自身も専門家に相談をすることが望ましいです。自分の心を和ませるのと同時に、自分についていろいろと知る機会にもなります。

心の内面に深く潜って、また上がってくる

何かで悩んだときは「どうしたらいいんだろう」というような気持ちになります。その悩みを考えている時というのは、ずーっと深い部分まで潜っていって、暗い中をさまよっている。つまり心の内面にものすごく入り込んでいる状態で、心の中で溺れているような…

心や精神の理解できない部分

人間の心や精神はわかりやすい部分もあれば、わかりにくい部分もあります。そして、一般には全く理解することができない部分もあります。それで私たちは「あの人はよくわからない」などと言ったりするわけですが、それは良識や常識で理解しようとしても無理…

気持ちを聴いてもらうこと

人に自分の気持ちを聴いてもらうことはとても大切です。話を聴いてもらうこと自体はちょっとしたことかもしれませんが、私たちはそうしたちょっとしたことの積み重ねでこころが支えられています。

「この人は何を考えているんだろう」と感じる

心はものすごい深みをもっていますから、たとえ「心がわかった」と感じても、それは瞬間的なある一側面、瞬間的なある一部分をわかったにすぎません。だから少しでも状況が変わったり、自分や相手の気分が少しでも違うと、心をまったく読めなくなってしまい…