ヴェール心理カウンセリング【精神療法・人生指針】/加藤直樹

神奈川県大磯町にある相談所です。人間を理解するための専門所であり、悩み・精神状態の相談所です。わかってもらえない苦しみを減らしていき、人間を学び、思慮を深め、どう生きるかを考えながら人間的成長をしていく所です。深層心理学・臨床心理学・発達心理学・精神分析・文化人類学などの専門。家族や夫婦の相談、子どもの心の相談。精神症状や心の病などの相談。TEL 0463-62-0325 加藤直樹

こころ

何が幸せかなんてわからない

皆さんもわかっていらっしゃるように、何が幸せかなんてわからないものです。 わからないから、心が満ちるのをふと感じたときに、「私は幸せ者だなぁ」と感じたり、「生きててよかったぁ」なんて感じたりするのです。

自分の「支え」となるものが必要

人は自分の「支え」となるものを何かしら必要とします。 人の助けとかお金とかもそうですけど、それよりも心理的なものです。 「私は“これ”によって支えられている」と感じるものがあると、心はとても安定します。そして体調も良くなる。 “これ”という支えが…

人のために自分の時間をつかってくれること

人のために自分の時間をつかってくれること、これほど有難いことはありません。だからこそ、そういう人は信頼されるのです。

女の人は抱きしめられる体験が重要

女の人は抱きしめられる体験が重要です。とても安心な気持ちになります。とはいっても、現実的に必要な時にそういう体験はなかなかできないものですが。

相手に敬意をもって話を聴くことの難しさ

自分の考えや生き方を教えたがる人というのはたくさんおります。それを逆に言えば、相手に敬意をもって話を聴き、共に考えたり、共に悩むのがいかに難しいかということです。

人の失敗を非難することは誰にでもできる

人が失敗をしてしまった時に、その落ち度を非難することは誰にでもできます。ですから、誰にでもできることはしないでおいて、なかなかできない「相手を受け入れること」「相手を見守ること」に自分の時間と力を使いたいものです。

夫婦や恋人同士で相手のことを思いやれれば理想的ですが

夫婦関係や恋人関係などの理想としては、お互いが謙虚になり、相手のことを思いやって相手が望むようなことをしてあげれば良い関係になるはずです。 しかし、現実にはそうならない場合や、そうできない場合も多々見られます。そういうところが人間の心の複雑…

「人に対して優しくなりたい」という願い

「人に対して優しくなりたい」という願いをもっているかたは、私にご相談ください。

「人から好かれたい」とも「人から嫌われてもいい」とも思える

私たちは日々暮らしているなかで様々な考えや気持ちになります。 たとえば、「人から好かれたい」という気持ちにもなれば、「人から嫌われてもいい」という気持ちにもなりますし、その間で心が揺れることもあります。 あるいは「人から関心をもたれたい」と…

人が心を開くとき

人はどんな時に心を開くかといったら、自分のことを親身に聴いてくれたり、自分のことに関心をもって一緒にいてくれると感じた時でしょう。 いくら正しいことを説教しても人は心を開かないものです。

「心を読む」「心理を読む」の意味

「心を読む」というと、相手が何を考えているかとか、どんな気持ちでいるかを読むなどといったことを考えると思います。 一方で、「心理を読む(考える)」というのは、心の状態がどのようになっているかをみていくことです。 心の状態とは、たとえば心の動…

こころを磨き、そこに映り込んだ世界を見ていく

「こころもからだも磨く」なんて世間では安易に言いますけど、こころを磨こうと思ったら何年、何十年もかかりますからとても大変なことです。 からだを磨くのは運動したりスポーツをしたりして体を鍛えたり、また生活態度や食生活を改善したり、あるいはエス…

人の相談をうけるだけでなく、自分自身も相談をすること

人の相談を受けている人は、自分自身も専門家に相談をすることが望ましいです。自分の心を和ませるのと同時に、自分についていろいろと知る機会にもなります。

自分の内に深く潜ってさまよい、また現実に戻ってくる

何かでひどく悩んでいる間は「どうしたらいいんだろう」といった気分になります。 それは、自分の内の深い部分までずーっと潜っていって、よくわからない世界に紛れ込んで、一人さまよっているような状態です。 時にはその中で溺れているような、時には閉じ…

心や精神の理解できない部分

人間の心や精神はわかりやすい部分もあれば、わかりにくい部分もあります。 そして、一般には全く理解することができない部分もあります。 それで私たちは相手の言動や態度・姿勢を見聞きした際に、「あの人はよくわからない」などと言ったりすることになり…

「この人は何を考えているんだろう」と感じる

心はものすごい深みをもっていますから、たとえ「心がわかった」と感じても、それは瞬間的なある一側面、瞬間的なある一部分をわかったにすぎません。だから少しでも状況が変わったり、自分や相手の気分が少しでも違うと、心をまったく読めなくなってしまい…