読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

加藤直樹の心理相談・治療|ヴェール深層心理

神奈川県大磯町にあるヴェール心理カウンセリング TEL 0463-62-0325

抑うつ症なのにうつ病と考えてしまっている

「抑うつ症」であるにもかかわらず、自分自身を「うつ病」と考えている人とがとても多くみられます。また、そういう診断をされている人も多くみられます。答えが出ないことを考え続けてしまい、気分が落ち込んで死にたくなるので、それを「うつ病」だと考え…

寒い時期には心身や精神の活動を低下させる

私たち人間は寒い時期には心身や精神の活動を低下させることによって、自分の身を守ろうとしたりします。 ただ現代は文明が発達していますから、建物の中も暖かいですし、衣服も体温を保温するものがありますし、食べ物も豊富にありますから、自分の心身や精…

こころが治っていくには「尊重される」ことが必要

こころが治っていくには、本人が尊重されることが必要であり、「私は大事にされている、認められている」という気持ちを感じられることが必要です。

悩みの渦による苦悩と強迫状態

意識が自分の内面に向いすぎてしまうと、深いところまでどんどん思考がいってしまい、次から次へと思考があふれ出てきて、悩みの渦から脱け出せなくなり、ずーっと何かに悩まされている状態になります。 そうした苦悩状態は強迫状態を伴いますから、自分自身…

引っ越しや就職による“うつ”は当たり前

引っ越しや就職で“うつ”になるのは当たり前のことです。今までの生き方や生活スタイルが環境と合わなくなり、通用しなくなるのですから、身体的にも精神的にも具合が悪くなります。 そして自分自身のことで悩み、元気がなくなってきます。 その状態は「内面…

うつ病というものを治すのではなく、その人の状態を個別に考えて治していく

うつ病と診断されますと、うつ病をどう治すかということにしか頭がいかなくなります。うつ病をどうやったら治せるのか、その方法を知ることに注力することになるわけです。 しかし、うつ病といっても人それぞれ違いますから、その人の状態を個別のこととして…

無理な生き方による無関心、無気力、無感動

これまでの生き方に無理が生じてくると、たとえば無関心、無気力、無感動などが出てきたりします。そうすると、それに伴って自分の存在意義や目標がよくわからなくなって、さらにいっそう無気力が感じられるようになったりします。

人は死にたい気持ちももっている

「うつ病になったために死にたくなる」と言われますが、もともと人は生きたい気持ちと死にたい気持ちの両方をもっています。うつ病になってつらくなり生きたい気持ちが薄らいだから、死にたい気持ちが顕在化しただけかもしれません。

自分の様々な状態を表す無気力

無気力といっても様々です。頑張りすぎて活力がでなくなってしまった状態の無気力や、人に気を遣いすぎて疲労困憊している状態の無気力や、緊張が長く続いたためにそれが解けない状態の無気力や、今まで生きてきた生き方が通用しなくなったことへの失望感か…

特定無気力症

ある特定の事をやろうとすると気力が出なくなり、身体の具合も悪くなるといった状態を特定無気力症と私は呼んでいます。

うつ病の人の人間全体を診ていく必要性

うつ病について言いますと、時々、うつ病の原因が脳内物質ということで片づけられてしまうことがありますけれども、原因をそういう局所的に考えるとうつ病というものがよくわからなくなってしまいます。そうじゃなくて、うつ病になっている人を、社会環境や…

うつ状態を経験した人の苛立ち

うつ病やうつ状態を体験した人は、気軽に「鬱っぽくなった」などと発言している人をみると、苛立ちを覚えたりします。たとえば「そんな簡単に鬱だなんて言わないでほしい」「そんな甘いもんじゃないよ、鬱は」と発言することがみられます。 こうした発言がで…