読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

加藤直樹の心理相談・治療|ヴェール深層心理

神奈川県大磯町にあるヴェール心理カウンセリング TEL 0463-62-0325

心理相談所で人生の出来事を気軽に話す

心理相談所という場所は、困っているからその悩み事を話に行くというだけではなくて、悩んでいない時にも気軽に話せるところです。「こんな出来事があった」、「人とこんな話をした」ということを専門家と話しながら、心理学を通して人生や物事の理解を深め…

パーソナリティに問題を抱えた人への困惑した対応

パーソナリティ障害(人格障害)というものは一般人にはなじみがありません。パーソナリティ障害というものがどのようなものかほとんど知られていないので、パーソナリティに問題をもった人と接すると、どうしてよいのか分からなくて対応に困惑しがちになり…

ひきこもりの陰にある悩みや問題を徐々に解いていく

ひきこもりと一言で申しましても、引きこもっている本人の悩みや家族が抱えている問題はさまざまです。複雑になってしまった悩みや問題を徐々に解いていこうとお考えでしたら、私にご相談ください。

今まで知らなかった言葉を知ると相手に使いたくなる

私たちは「ある単語」や「ある言葉」を知ると、その単語を使いたくなります。たとえば、他人が「こんな症状で悩んでいる」とか言っているのを聞くと、「それはうつ病というものだよ」と言いたくなったりする。 相手の問題を本当のところは理解していないのだ…

健康問題の心理援助をおこなっています

健康問題の心理援助をおこなっています。心身の具合が悪くて苦しんでいたり悩んでいる場合に、心を支えたり、不安を軽減したり、治療をおこなったりしています。電話でもできますのでどうぞご依頼ください。

人に頼らなくてもお金に頼れば生活できてしまう

昔はモノも食べ物も少なくて、人に頼らないと生活できませんでしたから、ちょっとしたことでも人に頼って暮らしていました。 ところが現代は人に頼らなくても生活できるでしょう。 とにかくお金さえ稼げばなんとかなるという時代になりましたから、「稼げば…

「絶対○○をしない」と言う行為

「私は絶対○○をしない」と言う場合、大抵それをしています。絶対にしないなら、そもそもその行為について意識をしないですから、「○○をしない」などと口に出さないものです。わざわざ言葉にして言うということは、それが気になってしょうがないのです。

将来の不安を話してみる

世の中に生きていますと将来の不安を煽(あお)られますから、色々な不安が出てきます。そうした不安がたまっていきますと、自分がどうすべきなのかがわからなくなってきますから、そうした不安は私に話にいらしてください。

睡眠薬や抗不安薬などによる薬物依存症の治療

睡眠薬や抗不安薬などによる薬物依存症の治療をおこなっています。ご相談を望まれるかたはご依頼ください。

つらいときや、誰に相談してよいかわからないときには

つらいときや、誰に相談してよいかわからないときには、私にご連絡ください。私で対応できる場合は私がお話を聴きしますし、別の専門家が必要と判断される場合は、そちらをご紹介します。

苦労をすることによって身につくもの

苦労をすれば、それによって人の気持ちが分かるという面もあるでしょう。それと同時に、苦労をしたせいで僻(ひが)みが出たり、劣等感コンプレックスを抱えるという面もあります。

イライラしていると余計に腹の立つことが起こる

イライラしていますと腹の立つことがまた起こりますから、余計に怒りが増していくことになります。ですから、イライラすることは私にお話しください。

抑うつ症なのにうつ病と考えてしまっている

「抑うつ症」であるにもかかわらず、自分自身を「うつ病」と考えている人とがとても多くみられます。また、そういう診断をされている人も多くみられます。答えが出ないことを考え続けてしまい、気分が落ち込んで死にたくなるので、それを「うつ病」だと考え…

異性や友人との出会いがないということの相談

異性との出会いがない、友人との出会いがないということで悩んでいましたら、話をしにいらしてください。

気楽さを取り戻す

気楽さを失ってきますと同時に健康さが失われ、気持ちが病んだ状態になってきます。ですから、ここにいらして話をして、気楽さを取り戻してください。

心を治したり人格を育てていくには

心を治したり人格を育てていくのには、臨床家がクライエントにきちんと向き合って、クライエントと一緒に成長していくことが必要です。

心の具合がよろしくないときに

心の具合がよろしくないというかたは、おっしゃってください。生い立ちやこれまでの人生を一緒にみていきましょう。

自分が体験して知ったことを人に教えたくなる

私たちは何かを体験すると、そのことについては理解した、もう知っていると勘違いしてしまいがちです。そして、そのことを人に教えてあげたくなります。ある出来事を自分が一時的に体験したということに過ぎないのにです。

自分のことを語って自分を確認してみる

月に一度や二度くらい、自分のことを語って自分を確認してみるといいでしょう。

悩み相談や治療相談をおこなっています

この時間でも、悩み相談や治療相談をおこなっていますので、遠慮せずお電話ください。

自分の精神的な成長が進んで相手の対応も変わってくる

「あの人はこういう性格だから、こういうふうに接しよう」と決めてしまいますと、それ以上、相手のことを深く知ることをやめ、相手との関係状態も固定されたものになってしまいます。 そうすると当然、自分も固定されてしまって精神的な成長は進みません。 …

身体症状が出ていたら自分自身の状況をみていく

「つらい」と感じるような生き方を続けていますと、皮膚も荒れてきますし、目には見えませんけれども内臓も荒れてきます。身体が荒れるということは身体もつらさを負担しているということです。 精神的には踏ん張れていても、身体はつらい状態を表現していて…

友達に謝りのメールやメッセージを送り続ける

友達相手と言い合いなどをして仲が悪くなった場合、自分のほうに落ち度があったと感じれば、きちんと謝って仲を戻そうとします。そうしても相手が仲を戻す気がない場合には相手から返事が来なかったりします。 そうした場合は仕方がないので、こちらは諦める…

人には話しづらいことを話せるのが私の相談所

周りの人には話しづらいことを話せるのが、私の相談所です。困っているけれど誰にも話せないとか、心配で心配で仕方がないけれどどこに相談したらいいかわからないという場合に、私のところご連絡ください。

心が強い人もいれば心が弱い人もいる

世の中には心が強い人もいれば、心が弱い人もいます。色々な人がいて人間です。ですから、全員が心を強くする必要などありません。

便利な世の中になるほど人格的成長が難しい

世の中が便利になればなるほど、人格的な成長をしていくことが難しくなります。

「あるがままの自分」とは

「あるがままの自分」というのは、自分の気持ちをそのまま感じて、自分が受け入れるということです。「あるがままに振舞ったら、わがままで自分勝手になってしまうのでないか」と心配する人もいますが、そうではありません。 自分のどんな感情でもその通りに…

自慢話が口から出てしまうのは

自慢話が口からたくさん出てくるということは、自分のことを分かってもらえていないと心の奥で感じているのでしょう。 自分のことを理解してくれている仲のよい友人や仲間はいるけれども、秘密にしていることは話せないので、その気持ちが別の話題の自慢とな…

自分の能力では解決できない問題も出てくる

生きていれば自分の能力では解決できない問題も出てきます。その時に「乗り越えられない壁はない」とか、「神は、できない試練は与えない」とか考えて自分の力だけでやろうとすれば、うまくいくはずもありません。 うまくいかないだけならまだしも、問題が余…

子どもの本気によって大人が気づかされる

大人は子どもからとても多くのことを教えられます。子どもができるまでは全く気づかなかったことを、親になってから気づかされます。 それは子どもが本気で真剣になってぶつかってくるからです。 それで子どもに教えられて、やってみなかったことをやったり…

マジメに正論ばかり言う行為

あまりにもマジメに正論ばかり言うのは、結局のところ相手を悪者に仕立てて、自分が正義の人になって説教しているようなものです。 それでは相手を追い詰めて反発を招いてしまい、自分の意図した結果と逆の結果を生み出してしまいます。

人格教育をおこなっております

人格教育をおこなっております。きちんとした人格をもった人間になっていきたい、という場合にご依頼ください。

「甘え」がどういう形で出ているか

私たちはみんな誰かに甘えています。甘えていない人はいません。その甘えがどういう形で出ているかで健康状態がわかります。 たとえば、人に「きちんと頼みごとする」という形で甘えることができる人もいるでしょう。一方で、「人を批判する」「相手を見下す…

昔の酷かった時代の記憶を抱える親たちの問題

昔の親の多くは子ども時代に戦争で食糧や物が不足していたり、軍人の親に厳格に育てられて愛情をもらえなかった人がとても多い。 しかし現在は物も豊かにあり快適に過ごすこともできます。だから複雑な気持ちになるのです。昔はひどかったけれども今はこんな…

オイゲン・ヘリゲル『日本の弓術』を読む

外国人が「日本人ならこの本を読むべきである」と言うのが、オイゲン・ヘリゲルの『日本の弓術』という本です。弓術(弓道)といえば、誰でも「弓で的を射るもの」と考えます。「的を射る」ことが目的だと考える。 ところが師範は「そうではない」と言われる…

子どもの両親や学校に対する不満

子どもは両親に対する不満や学校での不満をどこかで言いたいものです。その役割が昔はじいちゃんやばあちゃん、あるいは親戚のお兄ちゃんやお姉ちゃんだった。 じいちゃんやばあちゃんのところへ行って、バーッと話して聞いてもらうと、ずいぶんと気持ちがお…

恋愛がうまくいきそうになると異性と距離をとってしまう

恋愛も好きだし、好きな人もほしいけれど、恋愛がうまくいきそうになるとその状況を避けようとしてしまう。 相手の何がか嫌とか、相性が合わないとかいうのでもないのに、相手との距離感が近くなると、相手から距離を取ってしまい、どうして自分はこうなんだ…

人と比較してしまう自分をありのままに感じていく

「人と比較しなくていいんだよ。」などと言われることがありますけれど、人と比較してしまうのが人間です。人間とはそういうものですし、自分もそういう人間だということです。 他人が気にならない人はそれでいいですし、他人が気になる人はどうしても比較し…

寒い時期には心身や精神の活動を低下させる

私たち人間は寒い時期には心身や精神の活動を低下させることによって、自分の身を守ろうとしたりします。 ただ現代は文明が発達していますから、建物の中も暖かいですし、衣服も体温を保温するものがありますし、食べ物も豊富にありますから、自分の心身や精…

無邪気に心の底から遊んで楽しむ

自分を向上させることばかり考えていないで、無邪気に心の底から遊んで楽しむことができてますでしょうか。

どうしてあんな人と付き合っているのかという疑問

周りにいる人から見ると、「あんな人と付き合わなければいいのに。あんな人と付き合っているから人生が良くない方向にいくのに」と感じることがあります。 しかし、その本人にとっては、そういう「あんな人」と付き合うことに何らかの意味があるのです。それ…

自分が大切にされていないと感じれば

自分が大切にされていないと感じれば、怒りの感情も出てきます。

快適に過ごせることの陰には無理をしている人がいる

ある人が快適に過ごせるということは、その陰で、無理をしている人や我慢している人がいるということです。

心理カウンセリングの過程で起こる心の現象

心理カウンセリングでは「語る人」がいて、それをじっくり「聴く人」がいる、そういう状況になります。日常とはかけ離れた空間に二人で佇(たたず)み、そして対話が進んでいきます。 それはクライエントがカウンセラーと話しているのだけれども、一方でクラ…

自分の気持ちをうまく理解できないときには

「自分の気持ちをうまく理解できずに、しっくりこない」という場合には、ここに語りにいらしてください。

仕事のしすぎで心身の具合が悪いときは

仕事のしすぎで心身の具合が悪いときは、心理療法を受けてみてください。

ありのままの自分を受け入れてくれる人の存在

どんな人だって、いま悩んでいる問題の原因が「自分にある」と認めるのはつらいことです。それが簡単にできるなら苦労はしません。 でもだいたい本人も薄々気づいているのです、自分に原因があるんだろうって。そうわかっていても自分のなかに受け入れられな…

酒を飲むとDVを起こす

DV

酒を飲むとDVを起こすという人もいます。普段は優しくて気が利いて人当たりもいいのですが、酒を飲みだすと罵倒したり、ひどいことを吐き捨てたりする。 そして、体から酒が抜けるとまた普段通りの優しい人に戻るのですが、酔って罵倒していた時のことを全く…

この気持ちは異性にはわからないと言いたくなる時もある

女性は男性に対して「この気持ちは男にはわからない!」と言いたい時があるでしょうし、男性は女性に対して「この気持ちは女にはわからない!」と言いたい時があるでしょう。 どちらもお互いに主張したいことが出てきますが、だからといって、いつもそう言い…

病気になって自分のことを深く考える

病気になりますと自分のことを深く考えるようになりますでしょう。 「なぜ自分が病気になるのか」という問いから始まり、「なぜ自分が存在するのか」「自分とは何か」という問いが生じてきて、自分の意義を考えざるを得なくなります。