ヴェール心理カウンセリング【精神療法・人生指針】/加藤直樹

神奈川県大磯町にある相談所です。人間を理解するための専門所であり、悩み・精神状態の相談所です。わかってもらえない苦しみを減らしていき、人間を学び、思慮を深め、どう生きるかを考えながら人間的成長をしていく所です。深層心理学・臨床心理学・発達心理学・精神分析・文化人類学などの専門。家族や夫婦の相談、子どもの心の相談。精神症状や心の病などの相談。TEL 0463-62-0325 加藤直樹

指しゃぶり、爪噛み、そしてタバコ

私たち人間は、人を求めるという根源的な欲望を強烈にもっています。親、友人、恋人など誰かと一緒にいたいという衝動が強くある。 それがうまく満たされないときは、自身の身体を相手(人)とみなして、それを求めようとします。 どういうふうに求めるかと…

息子や娘の言うことが理解できない時の相談

子ども(息子や娘)の言っていることがどうしても理解できない、という親御さんはご相談ください。 どうしてこんなことを言うのか、どうして理屈ばかりこねるのか、どうして親に対して要求ばかりするのか、といったような「理解できないこと」を話しにいらし…

アンドロイド研究から分かる人間の複雑さと奥深さ

私たちは自分のこともたいしてわかっていませんし、身近にいる人、たとえば親や友人のこともあまり知りません。 親や友人のことなら知っているように感じますが、実際には、どのように生きてきたかなんて尋ねたことがないですから、ほとんど知らないといって…

頭のよさをひけらかす頭のわるさ

頭のよい人たちは世の中に山ほどいます。 色々なことを調べて知っている人、わからないことを解明できる人、難しいことを瞬時に理解できる人など、そういう人たちがごまんといます。 ただ、その頭のよさをひけらかすから、頭がよくても頭がわるいと評価され…

心に流れる内的時間

外的時間と内的時間というのがあります。 外的時間というのは、人類が使っている地球時間のことです。皆さんが持っている時計で見られる時間のことです。 内的時間というのは、心(精神)に流れる時間のことです。体内時間(体内時計)のことではありません…

言いたいことを自制できない精神状態

どんなに言いたいことがあっても、どんなに自分のほうが正しくても、その時の状況によってグッと抑えなければならないこともあります。 そういうことができるのを「人間ができている」と言ったりする。 そのように自制できれば問題は生じないのですが、それ…

患者を治すにはその人のことを知る

心身状態や精神状態、心の病や症状などを治していくには、患者その人のことを知らないと治していくことは難しい。 その人がどのように生きてきたかとか、どのような人間関係をつくっているかとか、どんな暮らしをしているのかとか、そういうことを知っている…

資格の取得で精神を支えている

人は自身の存在でアイデンティティを確立できないと、他人からの高評価や認定を頼りにしてそれを確立しようとします。 たとえば資格を取得することです。それも少し勉強すれば取れるような資格をたくさん取ろうとします。 こんな資格ももっている、あんな資…

ダマすような情報や誤った情報に振り回されないために

ダマすような情報や誤った情報に、ひっかかったり振り回されないために、ご相談にいらしてください。

自分の意見の正しさや間違いを知る

自分の意見が正しいと思っている人は、ここに来て、自分の意見がそんなに正しくないことを知ることが大切です。 一方、自分の意見はいつも間違っていると感じている人は、ここに来て、自分の意見がそんなに間違っていないことを知ることが大切です。

恋人から見捨てられる不安と失恋の恐怖

両親の仲がとても悪く、そういうのを見て育ってきた人にとって、「見捨てられ不安」が強く出る場合があります。 両親がいつも喧嘩して、母親が毎回泣きながら生活しているとか、父親が毎日のように怒鳴っているとか、そうした「安定しているはずのものが崩れ…

身近に相談する人がいなければ

身近に相談する人がいなければ、私に話しにいらしてください。 病気のことでも家族のことでも結構です。

「わがままなのは甘やかされてきたから」という意見

「わがままなのは甘やかされて育てられたからだ」などと言う人がいたり、あるいは、それを信じている人がいたりしますが、人の発達や成長はそんな単純に決まるものではありません。 わがままに振舞っているのは、これまでつらい人生を送ってきたからかもしれ…

相談を受ける際に基本的なこと

人から相談を受ける際には、相談行為以上のことをしない、それを守るのが基本です。 話すのは相手ですから相手の話を聴くことを主とし、こちらは必要以上のことを言わない、できるかぎり正論を言わない、相手を自分の都合のいい方向に誘導しない、そうしたこ…

相手の言動が予想を越えていて先読みできない悩み

発達障害の人たちの悩みの一つは、相手の心やその場の雰囲気(空気)を読めないことであり、それが周りの人たちをいら立たせてしまうことです。 しかし、その悩みは発達障害の人の側だけにあるのではありません。 周りにいる健常者の側にも悩みがあって、そ…

思春期に言われた異性の一言

思春期の頃の恋愛というのは、後の人生に大きな影響を及ぼすものでして、その頃に言われた異性の一言によって、自分自身を何らかの枠にはめてしまう、ということもあります。 「タイプじゃない」とか「性格が合わない」といった漠然とした一言や、「生きてる…

言いたいことをはっきり言う人同士が集まる

言いたいことをはっきり言う人のところには、同じように言いたいことをはっきり言う人が集まってきます。 そういう人たちは白黒つける言い方をしますから表現がきつくなりがちです。 だから相手から何か言われたときに、「なんで私がこんなきつく言われなき…

言葉に重みをもたせる

公の場において、感じたことをそのまま口に出してしまうと、それは「言葉が軽い」ということになります。 インターネットとかでも、多くの人が自身のいまの感情や思考をサッと書き込みますから、すごく軽い言葉になっています。 言葉を考えて考えて選んで発…

政府への不満よりも企業のしていることを疑う

政府に対して不満を示したり文句を言うよりも、もっと考えなければいけないのは、私たちは企業によって踊らされているということです。 企業のつくり出す世の中の風潮や流行に、私たちは気づかないうちに乗らされていて、気づいたときには手遅れだったなんて…

実家から独立できない悩み

実家から出て独立したいのに、なぜだからわからないけれども独立することができないことがあります。 これには親との関係で片付いていない問題があるために、そうなっている場合があります。 そういうときは無理にことを動かさずに、仕方ないなとか、そんな…

私のわがままは許されるべきという思い

若い頃に大変な苦労や長期のつらい体験をしますと、「一番楽しい若い時期を楽しめずに失った」という恨みの気持ちが起こることがあります。 そうすると、「私は若い頃に好きなこともできなかったんだから、これくらいのわがままをいったって許されるべき」と…

治すことばかりに意気込んで患者の話を聞けていない

心理カウンセラーが自身の力を過信すると、「世の中の患者をみんな治してみせる」と意気込んだり、「このテクニックを用いれば必ず患者を変えられるのだ」と自惚(うぬぼ)れてしまいます。 そうすると心理カウンセラーの意気込みは、口に出して言わなくても…

私という人間を体感してもらう

心理療法や心理カウンセリングは、たとえば私、加藤直樹という人間を体感してもらうものです。 ○○療法と名のついたものは、そのための一つの手段です。 人間を体感すると人はものすごく変わってきます。

子どもをわがままにさせないためにはという質問

「子どもをわがままにさせないためには?」と質問されることがあります。 一番よい仕方は、親がわがままにならないことです。 「対抗動作」っていって、子どもがわがままにしているのを見ると、それを厳しくしつけようとして、言い換えればそれに対抗しよう…

おとなしい人の頑固さ

おとなしい人は意外に頑固な部分をもっています。 他人のことをとやかく言わない分、人の言うことをあまり聞き入れなかったり、自分の思い通りにやりたいことをするところがあります。

私ばかり頑張っていて腹が立ってくる

無理して頑張ることは時として結構なことですが、ただ他方で、自分が楽しむような生き方をしていないと、なにかにつけて相手と比較してしまいがちになります。 たとえば、私は頑張って働いているのに、あいつは大して働いてないと感じたり、私は尽くしている…

この状況でなぜこの性格が出ているのか

自分の性格を知る場合に、「どんな性格か」で知ることのできる性格は、浅い領域の性格です。 表面(表層)的でわかりやすい部分の性格です。 それよりも深い領域の性格は、「今、どうしてこういう性格になっているのか」、あるいは「今、どうしてこの性格が…

人間の性質には幅がある -敏感から鈍感まで-

人間の性質には幅があります。たとえば感覚でいえば、敏感な人もいれば鈍感な人もいます。 広い幅があって、その幅のなかで多くの人たちがいる部分を一般的とみなしているだけです。 ですから、自分のいる位置を中心として、あの人は敏感だとか、あの人は鈍…

ピーターパン・シンドロームとビジネスの標的にされた若者

一昔前は、大人社会に入れない若者という意味で、「ピーターパン・シンドローム」なんて言われたことがありましたが、今からみれば、家に帰ってきて何もせずにふんぞり返っている父親の方がよっぽど子どもだった、と認識されています。 以前は、大人が偉くて…

正常な判断ができるように「休む」「話す」

疲れていると正常な判断ができなくなり、本来の自分であればしないようなことをしてしまうことがあります。 ですから身体だけじゃなく頭もゆっくり休めてください。 そして、心にゆとりが出てくるようになるために、話をしにいらしてください。