加藤直樹の深層心理の相談・治療

神奈川県大磯町にあるヴェール心理カウンセリング TEL 0463-62-0325

自分の意見に合った本だけを選んでいる

「見方や考えを広げよう」と考えて、本をたくさん読んでいる人も大勢おられると思いますが、大抵いくら本を読んでも、自分の意見に合った本だけを選んでいたり、自分に都合のいい部分(文章)だけを読んでいたりするものです。

「私は悩みがない」などと口に出して言う場合

「私は悩みがない」などと口に出して言う場合、もしそれを本心で言っているならば、本気で自分自身に向き合っていないということです。自分自身に向き合おうとしたら必ず悩みが出てきます。

人の失敗を批判することは誰にでもできる

人が失敗をしてしまった時に、その落ち度を批判することは誰にでもできます。ですから、誰にでもできることはしないでおいて、誰にもできない「人を助けること」に自分の時間と力を使えばいいでしょう。

生き方をきちんと見直していくことが病気の治療になる

つらい無理な生活をしてたら健康を害して病気になります。多くの人が頭でわかっていることです。わかっていることですが、そのつらく無理な生活をやめられないというのがこれまた多くの人の意見でしょう。そうやって多くの人は病気になっているのです。です…

家ではトイレで用を足せるのに外ではトイレで用を足せない

お子さんが、家ではトイレで用を足せるのに外ではトイレで用を足せない、ということでお悩みの場合はご相談ください。

心の病と人格障害においての仕事

心を病んだ場合、たいていは仕事ができなくなります。気分障害の場合はさまざまな気分が自分を覆ってしまいますし、統合失調症の場合は様々な不安や恐怖が襲ってきますので、とても仕事どころではなくなります。神経症の場合はかろうじて仕事はできますが、…

心理的、精神的なものの関与による症状の発症

多くの症状や病気は心理的、精神的なものが関与しています。 たとえば「嫌だと感じている感情」や「つらいと感じている感情」が身体の機能に影響を与え、体調のバランスが崩れて症状が出ていたりします。 そもそも、心理的なものや精神的なものとは何か?と…

相手のことを思いやれれば理想的ですが

夫婦関係や恋人関係などの理想としては、お互いが謙虚になり、相手のことを思いやって相手が望むようなことをしてあげれば良い関係になるはずです。 しかし、現実にはそうならない場合や、そうできない場合も多々見られます。そういうところが人間の心の複雑…

こだわり過ぎずに「こだわり」をもっている

こだわりをもっていることで自分のする仕事の質を高めたり、人の役に立つことができたりします。しかし、こだわりが強すぎれば周りの人に迷惑をかけたりすることも起こります。

自分が成長することによって、すごいと思えていた人が普通にみえてくる

幼い頃は親を全知全能だとみなしています。ところが自分が成長するにしたがって、親は普通の人なんだということに気づいてきます。 人生のなかではこれと似たような体験を何度も繰り返します。 学校の先生をすごいと思っていたけど、卒業したらそうでもなか…

心の病の治療は患者一人ひとりで異なります

心の病の治療は患者一人ひとりで異なりますし、またその時の状態や状況に応じて変わってきますから、「これで治る」とか「こうすればいい」といった決まったことは言いづらいです。

人に興味をもって会話すれば理想的ですが

人に興味をもてば相手との会話も弾んで相手の性格を理解できて、その人との関係も良くなるかもしれません。そうなれば、人と仲良くしたい人にとっては理想的です。ただ、相手によっては興味が起こらない場合もあるでしょうし、そもそも人に対して興味が起こ…

恋人ができない悩みと、恋人ができてからの悩み

恋人ができなくて悩んでいる時には、「どうやっても出会いを見つけるか」とか、「いい男性(女性)をどのように落とすか?」というテクニックを知りたい人も多いかも知れません。そういう情報を知れば、素敵な人とつき合えるかもしれないと考えるからです。…

否定的なことを言われ続ければ自分自身に対しても否定的になる

相手から否定的なことを言われ続ければ、自分が自分に対しても否定的になってきます。「そんなことを言われるほどの価値のない存在なのだ」という思いを自分自身のなかに深く刻み込んでしまいます。 そうなってしまうと、お酒を大量に飲むという行為によって…

深く悩んでいる人は他人になかなか理解されない

深く悩んでいるときは意識が自分の内面に向っていますから、心や精神の世界に入り込みやすくなります。 心や精神の世界は現実の世界とは異なりますから、向こうの世界の話をこの社会で普通に暮らしている人にしても話がかみ合いません。それゆえ、深く悩んで…

大量に食べてまた吐き出す繰り返しで自分に疑問が湧いてくる

摂食障害においては大量に食べては食べたことを後悔して、食べたものを吐き出すということを繰り返します。そういうことを毎日繰り返しますから、ものすごく苦しい。ただそれに伴って、「私は毎日何をやっているんだろう」とか、「私は人間として最低なんじ…

一日一日を大切にしようということ

一日一日を大切にしようと世間ではよく言われます。確かに、せっかく生きているのですから毎日を大切にしたいものです。 ただ、だからといって焦る必要はありません。今日、自分自身を向上させなければいけないわけでもないですし、世のため人のために何かを…

親や友達と言い争いをして気持ちが収まらない場合に

親とケンカしたとか友達と言い争いをしたとかで気持ちが収まらない場合には、その気持ちを話しにいらしてください。

空気を読みすぎる人や空気を読めない人の事情を考える

世の中には空気を読み過ぎる人もいれば、空気を読めないあるいは読まない人もいます。空気を読み過ぎるから駄目だとか空気を読まないから駄目だとかいう前に、どうしてその人がそうしているのか、あるいはそうせざるを得ないのかという事情を考えることが相…

「あの人と付き合うのをやめた方がいい」と友人に言われて

「あの人と付き合うのをやめた方がいい」と友人に言われて、その忠告を聞き入れる人もいれば、聞き入れない人もおります。自分が大変な思いを体験してみないと納得しない人や、恋愛や友人関係は自分の意志で決めるものと考えている人は、友人からの忠告を聞…

悩みが出てくる前に相談できる人を見つけておく

悩みが出てきてから相談するというが一般的ですが、悩みが出てくる前に相談できる人を見つけておくことができれば理想的です。

自由に語ることを守られた空間

何らかの事情があって、人に心を許せなくなってしまったり、人を信用できなくなってしまったというかたは、その気持ちを話しにいらしてください。ここは自由に語ることを守られた空間ですので、安心して語ってください。

引っ越しが引き起こす精神の不安定さと負担

引っ越しをすることは慣れ親しんだ場所から離れることになりますから精神的に不安定になりがちです。引っ越しは大好きという人もいるでしょうが、多くの人にとっては大変なことで精神的負担になります。 ですから心身が弱っている時には引っ越しをしないほう…

人間関係を良くしようと力(りき)みすぎ

人間関係が良くないのでそれを変えようとしている場合に、どうしたら良くなるかと深く考えすぎてしまいますと、相手に対して気軽に接することができなくなってしまうこともあります。言い換えれば、力(りき)みすぎてしまう。そうすると自分が自分を追いつ…

情緒が不安定でお困りのかたの治療

情緒が不安定でお困りのかたの治療をおこなっています。どうぞご相談ください。

子育てでつらくなったらご連絡を

父親になる、母親になるという体験を元々もっている人は誰一人としておりませんから、誰にとっても初めてのことであり、学ぶことばかりです。そして初めて子どもを育てるのですから上手に対応できる場合もあれば、対応できない場合もでてきます。上手く対応…

動悸やめまい、メニエール病などの心理治療

動悸やめまい、メニエール病などでお困りの方は、心理治療(心理療法)をおこなっていますので、ご相談ください。

心身症状や精神症状の疑問にお答えします

心身症状や精神症状のことで疑問があれば、どのようなことでもご質問ください。詳しくお答えします。

親自身の言動に子どもはどんな感情をいだいているかを知る

子育てをどういうふうにしていくかに関して、これがよい方法だとかこれは悪い方法だとかマニュアルで考えるのではなくて、親御さん自身が普段からしている言動に子どもがどんな感情をいだいているかを知り、それに柔軟に対応していくことが大切です。それに…

精神年齢のことを本気では考えない

皆さんよく精神年齢が低いとか高いとかふざけて遊びますけど、あれを本気で考える人はほとんどいないでしょうね。本気で自分の精神年齢のことを考えるとショックを受けますから。

見た夢が心配になるときは夢診断をおこなっています

なんらかの夢を見て心配だなと感じるときはご相談ください。私がおこなっているのは夢診断です。夢占いとは異なります。こういう夢を見たら現実にはこうなるとか、ある生き物や場所が出てきたら現実にはこんなことを暗示しているといったことをするのではな…

自分の話が重いんじゃないかと気をつかって語るのを遠慮する

人の気持ちを考える優しい人は相手をとても気づかいますから、自分自身のつらい話を語ろうと考えても、その話が相手にとって重いんじゃないかと憂慮して語るのを遠慮しがちです。友人にも気をつかって語らない人もおられるでしょう。本心をほとんど語らない…

人からバカと思われないために気をつかう

人からバカと思われても結構と考えている場合は気楽に生きられますが、人からバカと思われたくないと考えている場合は、人にいろいろと気をつかわなければいけないので疲れるのです。

気づかないうちに自分に厳しい習慣を課している

私たちはこの世の中に生きていると気づかないうちに、理由もなく自分に厳しい習慣を課していたりします。

失敗したことの話を語ってみる

生活していれば失敗することも出てきます。そんな失敗した話を語ってみてください。

うつ病という言葉と心の病をきちんと診て考える

心の病というとイコール「うつ病」という印象があまりにも強いように感じます。心の病というのは各個人で様々な状態がありまして、うつ病はその中の一つにすぎません。 世間では心が病むとすぐに「うつ病」という診断を下したり、「これが原因でうつ病のリス…

現在の社会の価値観のなかで生きている

私たちは現在の社会の価値観のなかで生きています。その価値観が自分に合っている部分は何も気になりませんが、その価値観が合わない部分では疑問や生きづらさを感じることになります。 私が生きてきたこの数十年間だけでも随分と価値観が変わりましたし、こ…

衝動を抑えられないで困っている場合の治療

衝動を抑えられないで困っている場合の治療をおこなっています。衝動というのは、たとえばすぐに怒りを爆発させてしまうとか、たくさんの買い物をしてお金を使ってしまうとか、自分自身ではどうにかしたいと考えているのにでも意志ではどうにもならない状態…

不健康な依存の仕方から健康なそれに変えていく

依存する気持ち、依存したい気持ちというのは全くなくなるということはありません。自分自身では気づかなくても何かしらに依存しています。ですから、何かに依存していることをやめたとしても別の何かにまた依存していきます。 そこで不健康な依存の仕方をし…

幸せを感じるときもあれば不幸と感じるときもある

「幸せになるためには~したら良い」などと言われることがあります。幸せになると言っても、実際には人が幸せを「感じる」わけでして、幸せという実態や存在があるわけではありません。ですから、幸せになったとしてもそれは一時的なもので、「私って不幸だ…

「相手にされること」が心身の具合を良くする

私たちは「人に相手にされない」というだけで心身の具合が悪くなります。たかが相手にされないというだけですけれど、それは人にとってはものすごく大きな影響を及ぼします。 そして逆に、相手にされることは心身の具合を良くします。言い換えればそれは自分…

考え方や見方を変えるといったことでは悩みが解決しない

ちょっとした悩みであれば、視点や考え方をポジティブに変えてみたり、全体を見渡せるように客観的な見方に変えてみたりして、悩みを悩みじゃなくしていくこともできるでしょう。また精神的に余裕があるときならそれもできるでしょう。 しかし、生きることの…

ニコチン依存症の心理治療

ニコチン依存症の心理治療をしております。治療を希望される方はご依頼ください。

人間関係がうまくいない場合に心理学や方法論を学びがち

人間関係がうまくいない場合、うまくいくための方法とか心理学といったものを学びがちです。ただ、それを知ったからといって人間関係が良いほうに変わるかどうかはわかりません。 といいますのも、問題を生じさせているのは自分が無自覚にしている発言や行為…

病気が自分自身に何をしてくれているのかを知っていく

心理療法家や心理カウンセラーは患者の病気だけを診るのではなく、その人の生活や歴史、思考や傾向といった様々な部分を診ていき、それを語り合っていきます。そうすることで、患者自身がどこでつまずいているのか、何が問題となっているのかに気づき知るこ…

言いたいことがありましたら

言いたいことがありましたら私に教えてください。

虚しい時の突発的な行動

虚(むな)しい時には、その虚しさを埋めようとして行動を起こしたりします。虚しさを埋めるための行動ですから突発的にしたりするので、あとから考えてみれば「なんで私はあんなことをしたんだろう」などと思ったりすることも出てきます。

不登校児の親に対して「育て方が悪い」と批判しても治療にならない

お子さんが不登校になっている場合に、ご両親に対して「育て方が悪かったのです」などと批判しても何も始まりません。治療にもなりません。もし治療者がそういうことを言うのであれば、それは治療者が不登校という状態の大変さを抱えきれないために、ご両親…

山奥で一人でひっそりと暮らしたい気持ち

人と接するのが嫌になって、山奥に一人でひっそりと暮らしたいとふと頭をよぎることがあります。でも、一人では暮らしていけないし、やはり寂しいので実際にはできないでいる。気持ちとしては相反しているのですが、その相反する感情に苦しめられるのです。

責任感を過剰に感じていて辛い

責任感を過剰に感じていて辛くなっていたら、ご相談ください。何もかもをご自身で背負う必要はないのですから、その背負っているものを話してください。