読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

加藤直樹の心理相談・治療|ヴェール深層心理

神奈川県大磯町にあるヴェール心理カウンセリング TEL 0463-62-0325

すべての道はどこかに通じる

「すべての道はどこかに通じる」なんて言われます。どの道を進もうともどこかに通じてるのでしょうね。必ず。あとは、自分がどこにいて何をしているのか、ということに気づくだけなのかもしれません。

統合失調症における幻聴(幻声)は外の世界から聞こえたように感じる

幻聴(幻声)は本人の中で起こっているものなのですが、それが外で起こっていると感じます。それゆえ外の世界から聞こえてきたものになります。だから幻の言葉は現実であり本当に誰かが言ったのだと感じてしまうのです。 そこで非常に妄想が膨らんでしまい、…

愛されている感覚の希薄による「しつこい性格・くどい性格」

人から愛されている感覚が希薄ですと、性格がしつこくなることもあります。相手から自分はどう思われているかが非常に気になるために、何度も何度も相手の気持ちを確認せざるを得ないためです。それで頻繁に同じことを言ったりやったりするので非常にくどく…

ご自身の心理や精神状態を知りたい理解したい場合に

人は自分自身がしている行為や発言なのにそれを理解できないときがあります。「なぜ私はこんなことをしたり言ったりしてしまうのだろうか」と。そうしたご自身の心理や精神状態を知りたい理解したい場合にはご相談ください。

健康のことで不安になったり心配してしまうときに

健康のことで心配なことや不安なことがありましたらご相談ください。

寂しいときは話しましょう

寂しいときは私とお話ししましょう。

恋愛体質だとか愛人体質と言われているもの

恋愛体質だとか愛人体質だとかというのをふざけて言えるぶんにはいいですけれど、それで本当に悩んでいる人もおられます。 恋愛体質や愛人体質といったものは一種の愛情飢餓状態であったり、家庭トラウマを抱えている人にみられたりしますから、心理療法など…

事前に頼りにできて相談できる人を見つけておく

私たちは悩んだ際に誰に相談しようとかと考えますが、悩みごとが起こる前に、頼りにできて相談できる人を見つけておくことが大切です。そして、その人と普段から何気ない話をしておくことが大切です。

どこに相談しようかと悩んいたらその相談をしましょう

困っている時にどこに相談しようかと悩んでいましたら、その相談を私としましょう。世の中には素晴らしい相談所もたくさんありますが、得体のしれない相談所もたくさんあります。どういう相談所なら適切なのかを助言しますので、相談する機関を探している場…

きりがなく口から出てくる「不満や文句」

悩みは口に出して人に語れば徐々に解決してきたりします。また一般的な不満や文句も口に出して人に語れば徐々に無くなっていきます。 しかし、人格形成に問題を抱えている場合には「不満や文句」を口に出して人に語っても、キリがなく出てきます。無くなると…

鼻炎を治すには海水浴もいい

鼻炎を治したいのでしたら海水浴もいいでしょう。浜に行くだけでなく、海の中で泳ぐことです。

SNSやtwitterに気持ちを書き込んで、自分の気持ち瞬時に切り離す

現在は、SNSやtwitterのような自分の気持ちを書き込める「場」が流行っています。気持ちを文章にしてネットに流すことで自分の知られざる気持ちをみんなに見てもらえる。 こうしたものはとても便利ではありますが、一方で自分の気持ちを瞬時にして自分から切…

話をしたくなったら

話をしたくなったら、ここにいらしてください。お気持ちをお聴きします。

離婚すべきかどうか悩んでいたら

離婚すべきかどうか悩んでいる時は私にご相談ください。

自分をしっかりさせようとしすぎる行為

自分をしっかりさせようとか、自分をぶれさせないようにしようと考えることもあるでしょう。ただ、それがあまりにも過ぎると思考が固まり、柔軟性が失われて頑固になりがちです。そしてその性格が健康を損なわせる場合もあります。

性格をどうにかしたいとお悩みでしたら

ご自身の性格をどうにかしたいとお悩みでしたら、私にご相談ください。

会社をすぐ辞めてしまい困ったことを避ける「退却神経症」

数十年前に転職を繰り返していたら、ただの「根性なし」と思われていました。現在は転職を繰り返しても、あまりそういうふうには見られません。派遣業態も広まりましたし、正社員を望まない人もおりますし、また会社の倒産があったりとか、職を変えて自己躍…

自分の決めたこだわりを通しているために恋愛経験ができない

恋愛がうまくいかずに苦しんでいる人の中には、恋愛に関して「妙なこだわり」をもっていたりします。こうじゃないとダメとか、これは譲れないとか、これは許せないとか、何か理由があるわけでもなく何となくそう決めている。 自分の決まりから外れることは相…

学ばないことの価値

私たちは幼い頃から何かを「教わって」きて、それが大学、社会人になってもずっと「教わる」ことが続きます。そうすると、何かを学ぶことは価値のあることであり、学ばないことは価値のないことだと認識してしまうところがあります。 たとえば、何もしないで…

神経や気を使い続けていると喘息(ぜんそく)が生じる

神経や気を非常につかうような状態が続いていると、人によっては喘息(ぜんそく)が生じる場合があります。とくに女性にみられます。

まず自分自身が心理カウンセリングを受けてみる

自分の周りに困った人がいたら、まず自分自身がカウンセリングを受けてみることです。受けてみると自分の状況や周りの状況がよくわかってきます。そしてどういうふうに考えっていったらいいかがわかってきます。 そうやって一人一人がカウンセリングを受け始…

悩みを言ってもわかってもらえないので言わなくなる

悩みを抱えている人が悩みを話さなかったりするのは、人に言ってもわかってもらえないと感じているからです。だから人に言わなくなっている。 たとえまた言ったところで、たいてい誰からも同じ回答が返ってくるのがわかっているので、うんざりしているのです…

ニュースを聞いて文句や批判を言うことが癖になっている

文句や批判を言うことが癖になっている人がおられます。世の中で起こった出来事や事件などをニース番組から聞いては、それに対していちいち文句や批判を人に聞かせたりSNSに書き込んだりします。 癖になっていますから、出来事や事件の背景などもたいして考…

世の中で厄年と呼んでいる時期

人生の節目(ふしめ)節目でたいてい大きな悩みや困難が生じます。これを世の中の人は厄年と呼んでおります。そして厄年なので不幸なことが起こったとか、厄年だから嫌な目に遭ったというわけです。 人生の節目には、自分がこれまで成長してきた分、またこれ…

「彼氏(彼女)ができない」「あの男(女)はダメ」といった愚痴や不満

「彼氏ができない」「彼女ができない」、あるいは「あの男はダメ」「あの女はダメ」といった愚痴や不満を友人に聴いてもらうのもいいでしょう。しかし毎度毎度、愚痴や不満を言っていても精神的な成長は起こりません。 心理療法家にきちんと話を聴いてもらっ…

「いろいろな人に会っているから人のことがわかる」という勘違い

「いろいろな人に会っているから人のことがわかる」と勘違いしてしまうと、相手の気持ちをきちんと聴けなくなってしまいます。

心身の治療相談ができます

私のところでは心身の治療をおこなっています。まず初めにどのような治療が適切かの相談ができます。その後に「なぜ症状が出ているのか」という症状が出るメカニズムを説明しながら治療をおこないます。 また心の傷やトラウマ、過労などで「精神的に病んでい…

相手の話を最後まで聞くことで本当は何を言いたかったのかを知る

正しいことを相手に説教するのは簡単です。しかし、そういうことをせずに相手の言っていることがおかしいな、間違っているなと感じても、まず最後まで話をじっくり聞いてみるということは大変なことです。何度も相手の話を途中で止めさせたくなったり、反論…

恋愛がうまくいかない時の自己評価の低下

恋愛が全然うまくいかないと、自分は人間としてダメなんじゃないかと考えて落ち込んでしまうこともあります。そのようなときは私に気持ちを話してください。

あの人には興味がないという気持ち

あの人には興味がないと感じることがあるでしょう。それが今の気持ちでしょう。 しかし、「今のところ」です。 いつの日か、ある時期がきたら興味が起こるかもしれません。あるいは必要な人になるかもしれません。

感動をしたくて文学や映画などを鑑賞する行為

「感動したいな」とか「涙を流したいな」と感じたときに、文学や映画などを鑑賞して自分の気持ちを解放したり、快感を得たりしている人もおられるでしょう。この作用は皆さんもよくご存知の「カタルシス」でして、日本語では一般的には「浄化」と訳されてい…

強烈な気持ちによって歩けなくなったり歩けたりするようになる

「歩きたくない」「もう歩けない」と強烈に感じていると、人は本当に歩けなくなります。足に力が入らなくなったり、足が痛みだしたりして歩けなくなる。もちろん器質的な原因ではなくて気持ちだけでそうなります。 逆に、歩けない状態であったとしても、「自…

好きでない人には優しい言葉をかけられる

人生でいろいろありますと、人格が少しねじれてしまうことがあります。たとえば、好きな人には全然甘えられなくて、すぐにケチをつけたり反抗したりしてしまうのに、好きでもない人には優しい言葉をかけたり抱きついたりできる。それで自分でも「私、何やっ…

限界だとみなしている枠は突破できる

人は自分の限界を突破できません。突破すると精神が崩れてしまいますから。ただ、自分が限界だとみなしている枠は突破できます。

身体も感情を表現する

言葉で感情を表現できますが、身体も感情を表現します。ですから気持ちが変われば体調も変化します。 たとえば腸などは感情がわかりやすい形で現れたりします。緊張や不安が続けば下痢になる人もおられますし、イライラが続けば便秘になる人もおられます。 …

過去のひどい体験の記憶や感情が繰り返し湧き上がってくる

ひどい体験をしてきた場合に、過去の記憶とそのとき体験した感情が繰り返し湧き上がってくることがあります。この湧き上がってくること、つまり意識化されることは、それが現実の生活に沿って治していこうとする心の働きが動いているということです。 過去の…

医原神経症とは -悩んでいる人を余計に悩ませ不安にさせる-

心理カウンセリングや民間療法、スピリチュアルや占いなどの勉強を少しかじったことがある人が悩んでいる人の人生相談や治療相談を受けて、悩んでいる人を余計に悩ませ不安にさせてしまうのを医原神経症といいます。 こういう人たちは頭の回転が早く、「こう…

病気になっているのではないかという強迫的観念が心気症

病気になっていないにもかかわらず、「私は重い病気になっているのではないか」、あるいは「これから大変な病気にかかるのではないか」とずっと気に病んでしまう状態を「心気症」と呼んでいます。

行為や発言から何の問題を抱えているのかを判断する

医者の能力は、症状と病気とを結びつけること、つまり症状から何の病気なのかを判断することです。心理療法家の能力は、行為や発言と心理的問題とを結びつけること、つまり行為や発言から何の問題を抱えているのかを判断することです。

地球崩壊妄想

地球的規模の自然災害が起こって地球が崩壊してしまうのではないか、と恐怖に苛(さいな)まれる人もおられます。 災害が起こるというのは妄想なのですが、本人にとっては現実のことに感じられ、しかもそれが近々の未来で起こるように感じられるために日々苦…

精神発達の問題を抱えている場合の否認の心理

自分自身が精神発達の問題をもっていること、言い換えれば、精神的に未熟であること(情緒的な成長ができていないこと)を大抵は認めたくありません。 そうすると、人によっては自分には身体的発達障害があると考えたり、知的障害があると考える場合もありま…

抱えている気持が大きくなりすぎて爆発しそうなら

ご自身の抱えている気持が大きくなりすぎて爆発しそうでしたら、私にご連絡ください。じっくりお聴きします。

いつ、人の思いやりに気づくか  ウィル・スミス主演の映画『幸せのちから』から

ウィル・スミス主演の映画『幸せのちから』のなかで、主人公のクリス・ガードナーの息子がこんな話をする場面があります。 One day, a man was drowing in the water.And a boat came by and said, "Do you need any help?".He said, "No,thank you. God wil…

解決する能力が高くても悩みや問題は起こる

解決策を導く能力が高い人もいれば低い人もいます。ただ、高い解決能力が良い結果を導くわけではありません。 解決しようとすることは時に悩みや問題を引き起こす場合もあります。

「私は育ちが良い」と何度も繰り返し口に出して言う

「私は育ちが良いんだから!」と何度も何度も口に出して言う。こうした発言からは一般には、昔の裕福な生活が忘れられず今の生活を受け入れることができないということも感じられますし、また、平凡で質素な暮らしをしている人々と自分が一緒にされることが…

人にはそれぞれ役割があって動いている

人にはそれぞれ役割があります。それゆえ、みんなが色々な考えや性癖をもって独自に、または連携しながら動いているわけです。 たとえそれが今の自分に理解できなくても、自分の理解できないところで人間社会をつくっています。

みんな恋愛で悩んだり苦しんだりしている

誰しも恋愛で悩んだり苦しんだりします。人は大昔から恋愛で悩み苦しんできたのだから、古人から学べば恋愛がうまくいきそうなものですが、現実にはそうはならない。

若い時に無茶をして自分の限界を確かめようとする

二十歳前後では自分の限界を確かめようとします。どこまで無茶ができるのか、どれほど無理がきくのか、そうやって自分の限界を知りながら大人になってゆきます。だから危険なことも向こう見ずでやったりします。その際にほとんどの若者は生き延びますが、運…

人に気をつかうのは程ほどにしておく

人に気をつかうのは人間としてすばらしいことです。ただ、あまり気をつかいすぎると疲れてしまいますし、気をつかうことが強迫的になると心を病んでしまいます。 気をつかうのは程ほどにしておくのがいい。しかしどうしても自分で変えられないということでし…

つらい場合はお電話ください

つらい場合はお電話ください。お話をお聴きします。