読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

加藤直樹の心理相談・治療|ヴェール深層心理

神奈川県大磯町にあるヴェール心理カウンセリング TEL 0463-62-0325

私と相手との間にはどういう関係がつくられているのか

自分ひとりで人間関係を考えているときは、相手とうまく付き合うにはどうすればいいのかを考えますから、「相手はどういう性格か」とか「自分はどう対応すべきか」ということを考えがちです。 その考えでうまくいくときもありますし、うまくいかない時もあり…

頑固な性格の問題

頑固なところをもっていると、なかなか相手の意見を受け入れませんから、相手からみれば「私の言っていることを聞き入れないなら、この人はもういいや」ということになりますので、相手も離れていってしまいます。 当たり前と思われるかもしれませんが、たい…

発達障害ではなく精神発達や人格の問題

発達障害のために相手の気持ちを読めなくて人間関係を悪くさせてしまう、ということは世間でよく言われています。そのため、発達障害をもっている本人も、自分の人間関係の悪さは発達障害によるものだということを理解していることが多い。 ところが、発達障…

うつ病は病気ではなく何かの問題に対抗している反応状態や症状

うつ病にもさまざまありますが、一部のうつ病は症状であり、それ自体が病気なのではありません。何らかの別な問題がその裏にあって、それに本人が対抗しようとして反応している状態がうつ病と呼ばれるものです。たとえば風邪をひいたときにウイルスの活動性…

考えや行動の偏りや歪(ゆが)みを直したいという相談

生きていますと考えや行動が偏ったり歪(ゆが)んだりしてきます。そうした偏りや歪みを直したいということでしたら私にご相談ください。じっくりとお話を聴いたうえで、どうするべきかをご提案します。

境界例や境界性人格の人たちの感受性の鋭さ

境界例や境界性人格の人たちの感受性というのはものすごく鋭く、本当に人の心を読めるほどのものです。 相手の状況や言動をものすごく観察していて、私に対して「何をしてくれるのか」、「何をしてくれないのか」、そして「私が思っていることにいつ気づいて…

「私は一人なのかな」という気持ち

幼い時から「私は一人なのかな」という気持ちを持っている人もいます。幼いながらに人との関わりにぎこちなさを感じていて、孤独感がなんとなく漂(ただよ)い、しかし、そんなことを人に話しても誰もわかってくれないとわかっているので、大人になってもず…

孤独で話ができる人がいない時には

「孤独で話ができる人がいない」という時には私がおります。私に連絡ください。私と話しましょう。

理屈で人間関係を学ぶのではなく、人づきあいのなかから学ぶ

人間関係がうまくいかなくて悩んでいる場合、心理学の本や人生・生き方に関する本をたくさん読んできた人も多いでしょう。本に書かれている内容を頭で理解して人間関係がうまくい人はいいですが、たいていはうまくいかないものです。なぜならそれは理屈だか…

積極的で対抗的(攻撃的)な人に起きやすい心身症

生きることに積極的で対抗的(攻撃的)な人は、人生の目標を明確に立てたり、仕事の目的意識をとても強くもちます。そして大抵いつも頑張っており、また目まぐるしく動き回るので常に忙しくしています。 そのため、病気ではないのに身体のあちこちが具合の悪…

あまりにも美を追求する人の抱えている心理的問題

あまりにも美(美しい顔や美しいスタイル)を追求している人をみていますと、つらい過去を背負っていることがよくみられます。生きてきた人生のなかで凄まじい怒りや嫌悪をためてきており、しかしながらそれを解消することもできないために、誰もが賞賛する…

彼氏や彼女ができない原因を自分の側に深く求める

ずっと彼氏や彼女ができず恋愛がうまくいかないと悩みはじめると、「なぜ恋人ができないのか」という自分の側の原因を考えることになります。それは誰しもすることですが、あまりにも深く考えて「なぜ」「なぜ」ということばかり考えて求めるようになると、…

ひきこもりや不登校の子どもが抱えている親の問題

親が抱えている問題を子どもが代わりに抱えてくれている場合があります。そのために、子どもが家から出れなくなっており、それが表面的には不登校やひきこもりという形をとっていたりします。 親が屈曲した人生を送ってきていたり大変な生活をしてきており、…

不満を言ったり説教をすることで悩みがあることがわかる

「私は悩みなどない」と言っていても、悩みを自覚できていない場合もあります。そういう場合は不満をいろいろ言っていたり、人に説教をすることが多かったりしますから、この人は悩みがあるんだなと感じられます。

お酒を浴びるように飲むのは自傷行為

酒を浴びるように飲んだり、「ベロンベロンになるまで飲んだ」などといつも周りの人に言いふらす行為ですが、そういう行為が出る場合、トラウマや心理的な問題を抱えていたりします。また、過去に非行に走ったり、グレかけたことのある人にもそういう人が多…

自分のしたいことがあってもそれをしない、という考え

「自分のしたいことがあってもそれをしない」という考えを持つことも大切です。自分がしたいことをしないから相手がしたいことをできる。 現代は、「夢を叶える」という名目のもと、自分のしたいことをして欲を満たすことが流行っていますが、自分がしたいこ…

無自覚の行動や、その行動の裏にある感情や気持ちを理解する

人の行動というのは自覚していないところで動いている部分があります。それは本人の「ある感情や気持ち」が「ある行為」として表れているものです。ですから「その行為」を深くみていくと、本人がどんな気持ちや感情を抱えているかがわかってきます。 しかし…

わがままな旦那さんもいれば、決断できない旦那さんもいる

旦那さんのなかには何でも自分勝手に決める方がおられます。そうすると、奥さんは「あんな旦那、ありゃしない」と不満をもらすのですが、そのわがままにつき合わざるを得ない。当然、すごく振り回されますから腹が立ってくる。 一方で、旦那さんのなかには自…

「相談にのってもらいたい」と感じるときに

私たちは時々「相談にのってもらいたい」と感じるときがあります。でも、誰に相談したらよいかわからなかったり、どこに相談したらよいかわからなかったりします。そのようなときは私にご連絡ください。

人格の教育をおこなっています

人格の教育をおこなっています。自分自身の人間性や性格を見直したいというかたはご相談ください。

「自分は何をしようか」と主体が動きだす

若いときには、好きなアーティストやバンドに傾倒して、「自分にとっての神様だ」と感じていたりする。彼らが出ている姿や映像をすべて見逃さずに見ようとしたり、関連する物品はすべて手に入れようとしたりして、それこそ命がけの人もおられるでしょう。 そ…

心身状態を分類して病名をつけすぎる「医原性障害」

「これこれの項目が当てはまる場合は病気の可能性があります、または病気になりやすい」というようなこと啓蒙していったり、または、治療者が「○○病です」と過剰に診断することによって、健康な人を患者にしてしまう例はとても多くみられます。 このようなこ…

親から関心を得られなかった子どもが刺激の多い世界に身を投じてしまう

親が子どもを理解しようとしなければ、子どもはどんどん激しいことや無茶な行為をやろうとします。そうしないと親は気づいてくれないし、自分に関心を持ってくれないと感じるためです。 だから子どもが激しい行為をしている時は説教をするのではなくて、親は…

精神的に具合が悪い時に、電話やスカイプで相談・治療できます

精神的に具合が悪い時は、電話やスカイプで相談や話ができますから、いつでも連絡してきてください。また、治療が必要な場合も電話などでできますのでご依頼ください。

権利じゃなくて特権があると考えている

「私には~する権利がある」とか、「これは私のものなんだから何をしてもいいはず」などと言いたくなる時がありますでしょう。 そんなときにちょっと待って考えて、「私は、権利じゃなくて特権があると勘違いしているんじゃないか?」と省みることが大切です…

関心をもたれることほど嬉しいことはない

人から「関心」をもたれていること、これほど嬉しいことはないでしょう。「何をしているの?」とか「昨日はどうだった?」などと相手から聞かれるから、気分も安定するし元気にもなります。

相手の話を聞き取りづらいので笑顔でごまかす

何らかの事情で相手の言っていることを聞き取りにくい場合、何度も相手に聞き返すのは失礼だと感じますから、人によっては笑顔でごまかしたり、聞き取れたようなふりをしたりします。 しかし、実際には相手が何を言ったのか分かっていないわけですから、そう…

ひきこもりの子どもは親の気持ちをわかっている

親がひきこもりの子どもに対して思っている気持ちを、たいてい子どもはわかっています。たとえば、親が「もう何をしても無駄だ。もうお手上げだ。私がこの子の面倒をみていくしかない」と諦めていたりすると、それを子どもはちゃんとわかっています。

つらいことを何でもないかのように平気で話す

つらい状態の時には話す口調もつらい感じ、また重々しい感じになります。つらいわけですから当然そうなります。聴いている側にもつらさが伝わってきます。 ところが、つらいことを何でもないかのように平気で話す人がおられます。マリリン・モンローなんかが…

「会うべき人と会っている」という言葉の本当の理解

世間ではよく「あなたは会うべき人と会っている」と言われることがあります。だから、出会いは大切にしなければならない、という意味のことを言われます。 現実にこれの本質をどこまで理解できているでしょうか。 といいますのも、自分の嫌いな人や興味がも…

相手にも自分と同じ状態になってみてほしい気持ち

自分がむちゃくちゃ頑張っている時は、相手にももっと頑張れと言いたくなるものです。 同じように、自分がつらい状況にいると、相手にも「あなたももっとつらい状況になってみたら」と感じたりする。 そして、自分が幸せな環境にいると、相手にも「あなたも…

つらい出来事だったので今まで秘密にしてきたこと

人の悩みや苦しみはその人個人の感じ方によるものですから、あなたよりも私の方がつらいと言うことはできません。比較できるものではないですから。他人から見たらどうでもいいような些細なことでも、本人にとってはとても重大なことはいくらでもあります。 …

コミュニケーション能力を上げるための訓練

研修やセミナーなどで、「コミュニケーション講習」といったのがよくあります。そうしたものは「こういうことを話したらいい」とか、「こういう話し方や聞き方をしたらいい」、あるいは「こんな態度をとるといい」といったようなことを学ぶことが多いですが…

友達や知り合いのことで腹の立つことがあったらお聴きします

友達や知り合いのことで腹の立つことがあったら、私がお聴きしますので話してください。

お金を稼いで裕福な生活をすることは自然環境を壊していく

お金をたくさん稼ぐこと、そして裕福な生活をすることは自然環境を壊していくことになるのですから、私たちはそのことについてもっと深く考えていかねばなりません。

身体と精神の消耗感

身体を酷使すれば身体が消耗したことを感じます。それでも一日寝ていたり、たくさん休養をとれば数日後には回復します。しかし、身体を酷使し続ければ身体はダメになってしまいます。 人に対して気を過剰につかえば気が消耗したことを感じます。それでも一日…

「私は相談はしない、いらない」と言っている場合

自分で解決できるから、自分で解答を出せるからという理由で「自分は相談する必要がない」と考えている人がおられますが、そういう人は本当に心理療法家に相談するのがいいでしょう。 一般的には「自分の力だけで解決できると頭が良い」と考えられていますが…

神経性胃炎や大腸炎などの症状に心理療法を

神経性胃炎や大腸炎などの症状が出ている場合には、私の心理療法を受けてみてください。

「人に対して優しくなりたい」という願い

「人に対して優しくなりたい」という願いをもったかたは、私にご相談ください。

18や19歳くらいからの「お金を稼ぎたい気持ち」

18や19歳くらいになりますと、「自分でお金を稼ぎたい」と強く考えるようになります。お金を稼げば自分の好きなものも買えるし、旅行にも行けるようになるからですが、心の底にあるものは親から独立したいからです。親から独立するためにお金を稼ぎたい。 そ…

寂しい時やつらい時には電話をする

寂しい時やつらい時は私に電話することをためらわないでくださいね。

「ひがみ」や「背伸び(見栄)」が出る

もっと自分のことに関心をもってもらいたいという気持ちが強くあったり、自分のことをもっとわかってもらいたいという気持ちが強くあれば、「ひがみ」や「背伸び(見栄)」が出るものです。

自分が感化されていることに注意する

人を助けるような仕事をしていたり、人を治すようなことをしている人たちはとくに感化されやすい。自分のことをもっともっと深く知って、自分がいま何をしているのかに注意しないといけません。

願っていることと実際にしていることの「かい離」

自分が願っていることと実際にしていることには「かい離」があります。その「かい離」の差が大きく開いていることにより悩んだり苦しんだりすることがあります。たとえば友達関係がうまくいかないとか、恋人ができないとか、あるいは体の具合がよくならない…

会社から外れたらもう生きていけないという考え

会社に勤めている人の世界というのはとても狭い世界であり閉鎖的な世界です。自分でその外側に目を向けなければ内側の閉じられた世界しか見えません。 しかし、ほとんどの人がその狭い世界を広い世界とみなしており、かつ自分の人生だとみなしています。 そ…

囚(とら)われによる極端な言動と人付き合いの苦悩

囚(とら)われがありすぎると発言や行動が極端になりがちです。たとえば、ある見方や過去の記憶に囚(とら)われている場合、それにひっぱられて自分自身の考えや意見を強引に主張しがちになり、相手の考えや意見を受け入れられずにバッサリと切り捨てたり…

「人生戦略」などという言葉

精神的に若かったり未熟な場合、人生を勝ち負けで判断しがちです。たとえばそれは、自己啓発セミナーなどにおける「人生戦略」などといった言葉にも表れています。 わたしたちは何ゆえに生きているのかをもっと深く考える必要があるでしょう。

頑張る方向がズレていて努力が報われない

どんなに頑張っても全然うまくいかない、報われないといったことがあります。そういう場合、確かに努力はしているんだけれども、それの方向がズレていて、的が外れた努力をしていたりします。 たとえば「自分のことをわかってもらいたい」という気持ちが優先…

心の知識と技能がないのに深い相談にのれば手に負えなくなる

心の悩みには浅いものもあれば深いものもあります。心の世界の知識と技能もなしに深い悩みをもつ人の相談にのれば、手に負えなくなり投げ出すことになります。

過剰な倫理心による逸脱行為

倫理は人間にとって必要なものですが、より強く身につければいいというものではありません。倫理が過剰に身につきますと、思考が偏ったり逸脱行為をしてしまったりすることもあります。