加藤直樹のヴェール心理カウンセリング/人間の理解

神奈川県大磯町にある心理相談所・心理療法 ご予約はこちら TEL 0463-62-0325

気性の激しい人は、同じような人を引き寄せる

気が短いは、同じように気が短い人を引き寄せます。 気が強い人は、同じように気が強い人を引き寄せます。 気性の激しい人は、同じように気性の激しい人を引き寄せます。 もちろん、いつもそうなると決まってはいません。

相手よりも下位になるので、人にお願いすることができない

人に何かを頼んだり、お願いすることができずに、一人でどうにかしようとするのは、頼む行為が地位的に相手の下になる、あるいは相手の支配下に入る感じになるから、という人もいます。 人との関係を無自覚に「上か下か」で分けている人にとって、相手と対等…

相手にどう受け取られ、相手からどう解釈されているか

自分自身のことや自身の人間関係を深く知りたいのでしたら、自身の性格を客観的に知るのではなく、相手に自分はどのように受け取られていて、相手から自分はどのように解釈されているかを知っていくことが大事です。

罪悪感を語りにいらしてください

人に対して悪いことをしてしまった、と罪の意識にさいなまれていましたら、語りにいらしてください。 責めることなく真剣にお聴きします。

「治療する」「治す」とはどういうことなのか

「治療する」「治す」とはどういうことなのかをお知りになりたいかたはご依頼ください。

うろたえてしまう人のご相談

何か起こるとすぐに、うろたえてしまうという人はご相談ください。

楽しめる人たちの陰に楽しめない人たちがいる

自分は楽しい、あるいは楽しめるということは、その陰で、楽しくない、あるいは楽しめない人たちがいるということです。 楽しくない部分を背負ってくれている人たちがいるからこそ、楽しめる人たちがいます。 その立場はつねに変化し、誰でもどちらの立場に…

会社の歓送迎会に出席したくない

会社の歓送迎会が嫌だという人もおられます。 嫌と感じる人たちの理由として、たとえば、話の合う人がいないのでつまらない、時間の無駄、上司の説教を聞きたくない、お酒を飲めない、などなど色々あるようです。 歓送迎会を楽しいか楽しくないかの二択で考…

困難に陥った状況から出るのに人の助けが要る

困難に陥った状況を、私なりに例えていうと「クレバスに落ちた状況」とも言える場合があります。 クレバスというのは、氷河や雪渓などに形成された深い割れ目のことです。 普段の生活でクレバスに落ちることはありえませんけれども、例えとして、いったんそ…

個性的に生きることはしんどい

だんだんと個性が重んじられるような世の中になってきていますが、個性が認められれば認められるほど、生きる道を自分自身で切り拓いていかねばならなくなりますから、とてもしんどくなります。 個性が認められていなかった昔の日本のような社会であれば、決…

自身の至らない部分を人から言われて初めて気づく

誰でも自分の問題部分や至らない部分を指摘されれば多少なりイラッとします。 イラッとするのですが、人から言われて初めて気づくこともあります。 かといって、いつも指摘されるとうんざりします。 でも、まったく言われないと自身を見直すきっかけが得られ…

家という制度に守られて好き勝手に振る舞う

日本では、家や家系という制度に守られていれば、きちんとしてなくても偉そうなことを言うことができます。 現在は、その制度はだんだんと崩れてきてはいますが、それでもまだ残っています。 奥さんが旦那さんについて「あの人は話が通じない(話ができない…

人間関係で悩んでいる人は自分を変える努力をしてきている

「人間関係をよくするには、自分を変えないといけない」と言われることがあります。 しかし、人間関係で悩んで相談に来られる人は、以前から自分を変えようと努力してきていることが多い。 その忍耐強い努力にもかかわらずうまくいかなくて、つらくなって様…

どもりを隠すことに精一杯になるつらさ

どもりのつらさは、どもってしまうことだけではありません。 どもっている自身の姿を人に見られたくない、知られたくない気持ちでいっぱいになり、どもりを隠すことに精一杯になってしまうつらさがあります。

被害感が増して苦しいときに

被害感が増して、苦しんでいる時は、その感覚を話しにいらしてください。

心が晴れない時には

心が晴れない時は、お気持ちを語りにいらしてください。

思考のバランスをとれない時の相談

思考のバランスをとれなくなっていましたら、話しにいらしてください。

マイノリティという言葉の安易な使用

私たち人間は一人ひとり異なっています。 同じ種なので皆同じように扱いがちですが、個人個人それぞれ違う存在です。 だからこそ互いに尊重し合い、認め合い、理解し合っていくことが大切です。 それゆえ「マイノリティ(社会的少数派)」という考えを安易に…

思考と感情の隔たりが行動にズレを生じさせる

私たちは自身の意思でも行動していますが、意思とは無関係に、無意識の衝動から行動している時もあります。 それゆえ、頭のなかで「こうしよう」と考えているのに、実際にやっていることは別のことだったり、意図したことと異なることを言っていたりします。…

「女性の生き方」という女が女を決めつける動き

「男はこうあるべき、女はこうあるべき」ということがやっと否定され始めたと感じていたら、今度は「女性の生き方」いった類のものが出始めてきました。 これまでは男が決めた「男と女のあるべき姿」に対して、多くの女や一部の男からオカシイと不満が出てい…

相手の個性を認める難しさ

個性を認めるべきだと叫んでいる人たちが、他人の服装や髪型を見て「あれはダサい」と言うのを聞くことがあります。 相手の個性を認めることはとても難しいことだと感じます。

自分の視線が相手に不快感を与えている

思春期には「眼」に関する意識の変容が生じることがあります。 自分の眼や視線が、相手を嫌な気持ちにさせているのではないか、不快感を与えているのではないかといった思い込みが生じます。

努力して這(は)い上がってきた人に感動する感覚

いったん下に落ちて、あるいはもともと下にいる状況から、努力して這(は)い上がってきた人に感動する人は多くいます。 たいていは、その人と自分とを重ねて、自分もそうでありたいと願っている場合が多い。

本音を言いたい、弱音を言いたい時に

「本音を言いたい」「弱音を言いたい」時には、語りにいらしてください。 きちんとお聴きします。

自己満足だからと言ってやっても満足しない

「これは自己満足なんだ」と口に出して言うことで、自身を納得させ、相手を説得する人もおられます。 満足したらそれで終わりにしてくれればいいのですが、しかし何度やっても満足せずに延々と同じことを繰り返すために、周りの人たちをあきれさせてしまいま…

管理された社会のなかで感じる生きづらさ

近年、加速度的に社会が複雑になってきています。 もともと人間の営みは単純なものだったはずです。食べ物をどこからか探してきたり、作物を育てたりして、それを食べて、子孫をつくって残して自身は死んでいく。 極端に言えばそれだけだったはずです。 しか…

虐待の加害者への心理カウンセリングの実施

虐待の加害者への心理カウンセリングをおこなっております。 ご依頼ください。

家族のことで悩んでいたら相談を

家族のことで悩んでおられましたら相談してください。 じっくりと話をお聴きします。

患者一人ひとりのことを考えた対処や治療を施(ほどこ)す

免疫学をやっている先生は、免疫を高めれば治るようなことを言いたがるし、漢方をやっている先生は、漢方薬を飲んでいれば治るようなことを言いたがります。 西洋医学をやっている先生は、因果関係をすぐに求め、科学的に証明された治療しか認めたがらないし…

悲しみのケアとしての霊体験

霊体験には様々な目的がありますが、その一つに「グリーフケア」(悲しみのケア)があります。 悲しみの気持ちがおさまらない状態のときに、自身が納得する物語を創り、自らをケアする現象です。 最愛の人を失ったとき、遺(のこ)された人の悲しみを癒やす…