加藤直樹の深層心理

神奈川県大磯町にあるヴェール心理カウンセリング TEL 0463-62-0325

知り合いや友達が増えれば楽しいことも面倒も増える

知り合いや友達が増えればつきあいが増えますから、新しいこと教えてもらえたりしてそれだけ楽しいことも増えます。 しかし同時に、気苦労や面倒なことも増えます。それゆえ、友だちの数を多く増やさないという人もおられます。 一方で、気苦労や面倒なこと…

自分のことや人間のことを詳しく知りたい場合はご連絡ください

自分のことや人間のことを詳しく知りたい、ということでしたら、私にご連絡ください。 そして、これまで抱えてきている疑問や腑に落ちないことを語ってみてはいかがでしょうか。

人を「一流」「三流」といった言葉で区分する行為

自己啓発や自己向上などのセミナーなどを行なっている人たちに多いのは、人を「一流」とか「三流」といった言葉で区分する行為です。 人を「一流」とか「三流」と区分すること自体が未熟ですし、「一流はすごく」て、「三流はダメ」という単純な図式が低レベ…

思春期のつまづきやすさ

人は思春期につまづきやすい。人間の成長としてがらりと変わる時期でもありますし、これまで生きてきた(取り込んできた)体験が外に向けて出てくる時期でもあるからです。 その人が取り込んできた体験は当然周りからは見えませんので、その人の心のなかで何…

自分のしてきたことを聞いてもらいたい

どんな人でも、自分がしてきたこと、していることを誰かに聞いてもらいたいものです。 そうして話すと気持ちが落ち着き、安らぎます。

色々な分野に首を突っ込んで器用貧乏になっている

「色々な分野に首を突っ込んでしまっていて、器用貧乏になっている」と感じている人もおられるでしょう。そういう人はなかなか一つのものに集中することができずに、色々なことをやりたくなってしまう。 自分自身でも「なんで自分はこうなのかな」と思ってい…

悩みを相談してと言っても相談できるものではない

悩みがあるからといって、その悩んでいる人に「悩んでいるのなら、どうぞ相談してください」と言っても、はいそうですかと簡単に相談できるものではありません。 本当に悩んでいることは、いろいろ話して心が通じ合った後のさらにその後にやっと出てくるもの…

分類してレッテルを張って、相手の人間像を決めつける

私たちは人を分類して理解しようとする傾向があります。たとえば血液型や何々系の人とか、人をタイプ別に分類して相手を理解しようと考えがちです。 なぜそうするのかといったら、そうした方が相手を理解するのに明快でわかりやすく、他人にも伝えやすく、共…

悩みが積み重なって自分の感覚にも気づけなくなりがち

色々と悩みが積み重なってきますと、自分は一体なにに悩み困っているのかがわからなくなってきます。しかも家庭や仕事で忙しかったりすると、自分が感じている感覚にも気づけなくなって、余計に複雑な状態になってしまいます。 ですから、まずはゆっくりと悩…

職場に行くのがつらい、つらくて職場に行かれない場合の相談

職場に行くのがつらい、あるいは、つらくて職場に行かれないということでしたら、ご相談ください。そういう場合は圧力や焦りなど様々な気持ちが負担になっていることが多いですから、ご自身の状態を知るためにも、語りにいらしてください。

他人の人生にちょっかいを出したり干渉したりする

自分とは関係のない他人の人生にちょっかいを出したり干渉したりするというのは、自分の人生が納得いっていない状態にあるということでしょう。自分のことで楽しんでいたら他人のことなど見向きもしないものです。

「更生」のための心理療法

私のところでは「更生」のための心理療法をおこなっております。「更生」を考えられておりましたらご相談ください。

無理に苦しい経験をしても精神は鍛えられない

無理につらいことや苦しいことを体験したからといって、精神が鍛えられるわけではありません。

何かによってに精神的に支えられている

何気なく暮らしているときは気づきませんが、いったん精神の安定さが失われると、これまで自分が何かによって精神的に支えられてきたかがわかります。 精神が乱れると情緒が安定せず、晴れない気分に覆われ、心身症状が出たりすることがありますが、精神的な…

容姿や格好をとても気にする

自分の容姿や格好をとても気にする人は、相手の容姿や格好もすごく気になります。それで相手に対して「こうした方がいい」「ああした方がいい」と言ったりすることがあります。 一方で、自分の容姿や格好をあまり気にしない人は、相手の容姿や格好もあまり気…

騙(だま)されやすいからこそ人に相談をする

私たちはちょっとしたことで騙(だま)されやすい。裏付けもとらずに信じてしまうところがあります。だからこそ、信じ切ってしまう前に「本当のところはどうなのか」ということを人に相談することが大事です。

恋愛がうまくいかなくて苦しい気持ちを聞いてほしい

毎回、恋愛がうまくいかないとか、モテないということになれば悩み苦しみます。それで自分の何がいけないのかという反省が生まれてきますから、それを人に相談すると、「これがいけない、あれがいけない」とか、「こうしてみたら?」などと言われることにな…

人に寛容になれれば争いは起きづらくなるはずですが

人に寛容になることができれば相手との衝突やトラブルは起きづらくなるはずです。しかしそれは理想論であって、人に寛容になれない場合も出てきます。それゆえ世の中には争いごとが絶えず、その歴史を私たちは繰り返しています。

相手の悩みを根掘り葉掘り聞かないようにする

悩んでいる人の気持ちをきちんと聞いてあげることが良いからといって、その悩みごとを根掘り葉掘り聞くと、むしろ相手がつらくなってしまうこともあります。 相手の悩みごとを聞く行為は、聞く側としては相手の秘密を知るようで、もっと知りたいという興味を…

若い女の人の「だいたい男っていうのは…」という文句

若い女の人が男の人に対して「うざい」とか「きもい」などと言うことがあります。これは仕方がないのもわかります。男の人がしている未熟な行為をよく見聞きすることがありますから。 ただ、「だいたい男っていうのは…」といって男全体に文句が始まる場合は…

人のために尽くす行為

人のために何かをしてあげることについて、心の底から相手のことを想ってやってあげる場合もあれば、自分がすごいと思われたいために人に尽くす場合もあります。

子どもへの親の教育熱心さ

教育熱心な親は子どもの将来のためを考えて教育をしている人がほとんどです。それで、たまたま教育がうまくいって、その結果「子どもを一流大学に合格させた親の教育方法」などといった本を出版する親もいれば、一方で、たまたま教育がうまくいかずに、ひき…

人から学ぼうとする態度が過ぎると相手は搾取されている気持ちになる

日々学ぶ意識をもっていることは素晴らしいですが、人と会うときに、常に相手から何かを得よう、何かを学ぼうという意識・態度でいると、相手からしてみると何か搾取されているような気持ちになってきます。 それが仕事の関係の人であればいいでしょうが、友…

上司は部下によって有難い経験を積ませてもらっている

親が子どもによって学ばされ成長していくように、会社の上司も部下によって学ばされ成長していくのです。 「部下の甘えた根性を変えてやる」などと意気込んでいるような上司もおられますが、そういう上司は部下によって有難い経験を積ませてもらっていること…

不安をかきたてられて心配してしまうときの相談

世の中を生きておりますと、色々と不安をあおられることが多いです。不安をかきたてられて心配してしまうときは、私に相談してください。

自分のことを過剰に反省してしまう人が増える

自分のことを反省できない人が増えれば、それに伴って自分のことを過剰に反省してしまう人が増えます。

会社の世界はとても狭くて小さな世界

会社や組織のなかで肩書が上がっていくと態度や発言が横柄になったり厚かましくなったりする人もおられます。会社や組織というのはとても狭くて小さな世界なのですが、役職がついて部下が従うようになると、そのとても狭くて小さな世界のなかで偉くなったよ…

腹が立つことやイライラすることがあったら

腹が立つことやイライラすることがあったら、私に話してください。話せばきっと気持ちが落ち着いてくると思います。

どうしてだか体の具合が悪いときの健康相談

どうしてだか分からないけれども体の具合が悪いというときは、私のところにいらしてください。健康状態を診ます。

人のために自分の時間をつかってくれること

人のために自分の時間をつかってくれること、これほど有難いことはありません。だからこそ、そういう人は信頼されるのです。

人の性格も意識もまず変わらない

人の性格はまず変わらないですし、人の意識もまず変わりません。変わるとしたら10年単位の年月が必要でしょう。それでも少し変わるだけです。 にもかかわらず、「性格改造」だとか「意識改革」などといった研修や集まりが世の中にはいまだに存在し、精神的な…

人の気持ちを汲(く)む能力

人の気持ちをどこまで深く汲(く)めるかは、その人のもっている能力に依ります。ものすごく汲める人もいれば、ほとんど汲めない人もいます。 これは学問を学んで知識を増やしていくのと違い、何かを学んで吸収すれば能力が上がるような単純なものではありま…

ご自身の行為・行動の心理を知りたいなら

ご自身の行為・行動の心理を知りたい、ということでしたら、私にご相談ください。

抱きしめられる体験が重要

女の人は抱きしめられる体験が重要でしょう。とても安心な気持ちになります。とはいっても、現実的に必要な時にそういう体験はなかなかできないものですが。

気分が安定しないときに語る

気分が安定せず、その不安定さのなかでいることに困っている時には、お気持ちを語ってください。

何が正しくて、何が間違っているのか

「何が正しくて、何が間違っているのか」ということを追求しすぎると、だんだんと自分が何をしているんだか分からなくなってきたりします。 たとえば、最初は、自分のためにあるいは世の中のために「正しいこと」をしようとやっていたつもりが、いつの間にか…

仕事をしすぎて心身の具合が悪くなっていたら

仕事をしすぎて心身の具合が悪くなっているかたは、治療相談にいらしてください。

あれが欲しいとかこれを食べたいという欲望は本当に自分の気持ちか

私たちは自分の欲望をわかっているつもりでいます。あれが欲しいとかこれを食べたいとか、そういう気持ちになるので、それが自分の欲望だと認識しています。 だからお金を出して「あるモノ」を買って手に入れたり、長期間の予約を待ってまで「ある飲食店」で…

タバコの責任を負いたくない場合に言い訳をする

自分が責任を負いたくない場合、人は言い訳をするものです。たとえばタバコを吸っている人が、他人から喫煙を注意されたり禁煙を促されたりした場合、言い訳を言うことが結構みられます。 「風の向きがそっちに行っているから煙が行くのは仕方ない」とか、「…

相手を理解するには忍耐が要る

相手を理解するには、相手がどうしてそういう行為をするのかを考えなければなりませんから忍耐が要ります。

夫婦間で生じてきた感情をどこに落ち着かせるか

夫婦関係が悪くなって、離婚しようと考えてそれができる人は離婚するかもしれません。 ところが、離婚したいと考えてもそれができない人は、「じゃあ、どうするか?」ということで、その悩ましい気持ちをどこに落ち着かせたらいいのか思案することになります…

不幸が続くという悩み

わけもなく不幸が続く人も世の中にはおられます。運命というか運が良くないというか、こればかりはどうしようもなく可哀相に感じます。私もできることといえばその人のお気持ちをくむことばかりです。 一方で、ご自身の日々の行為が元で不幸なことが起り続い…

自分が属している世界を世の中とみなしている

人は、ある世界にいったん身を置きますと、その世界が世の中であり、みんなが生きている世界だとみなすようになります。 それはたとえば今いる会社もそうですし、なんらかの業界、あるいはインターネットの中にある集団に属していれば、それが自分にとっての…

「どうして私はこういう目に遭うのか」という気持ちならば

「どうして私はこういう目に遭うのか」という疑問の気持ちをお持ちでしたら、心理分析を受けにいらしてください。

結婚した人からのアドバイスは以前から他人が言ってたこと

結婚はハッピーなものだという幻想を抱いていた人が、結婚して何年か経って相方と大喧嘩したりすると、結婚していない人に対してアドバイスをしたります。 たとえば「結婚はよく考えてからしたほうがいい」とか、「結婚なんてそんな楽しいものじゃない」など…

自分の能力をどう使い、どう生かすか

人にはそれぞれ何らかの能力があります。有能でありますから、自分の能力をどう使ったり、どう生かしていったらいいかという悩みが出てきます。あるいは、悩みがあると自覚をしていない場合もあります。自分の能力を扱うことは能力が高い人でも難しいことで…

相手に敬意をもって話を聴くことの難しさ

自分の考えや生き方を教えたがる人というのはたくさんおります。それを逆に言えば、相手に敬意をもって話を聴き、共に考えたり、共に悩むのがいかに難しいかということです。

安心感を得るための本能的な行動

私たちはあまり自覚はしていませんが、安心感を得るために自分の行動を統制しているところがあります。 あそこは危ないから行くのをやめておこうとか、良くないことが起こりそうだから何もしないでおこうといったように、自覚している時もありますが、自分の…

夫婦の間で困ったことが起こっていたら

夫婦の間で困ったことが起こっていたらご連絡ください。まずは相談することが大切です。

心身を削るように猛烈に働くことががん細胞を発現させる

心身を削るように猛烈に働くこと、これががん細胞を発現させる一つの要因です。もちろん、全員がそうなるわけではありませんが、それを理解していながら、それでも猛烈に働くかどうかはご自身の判断になります。