深層心理学 「ヴェール心理」 /加藤直樹の心理療法

神奈川県大磯町にあるヴェール心理カウンセリング  ご依頼ご面談はこちらまで TEL 0463-62-0325

人の気持ちを汲(く)む能力

人の気持ちをどこまで深く汲(く)めるかは、その人のもっている能力に依ります。
ものすごく汲める人もいれば、ほとんど汲めない人もいます。

これは学問を学んで知識を増やしていくのと違い、何かを学んで吸収すれば能力が上がるような単純なものではありません。

ご自身の行為・行動の心理を知りたいなら

ご自身の行為・行動の心理を知りたい、ということでしたら、私にご相談ください。

女の人は抱きしめられる体験が重要

女の人は抱きしめられる体験が重要です。
とても安心な気持ちになります。
とはいっても、現実的に必要な時にそういう体験はなかなかできないものですが。

気分が安定しないときに語る

気分が安定せず、その不安定さのなかでいることに困っている時には、お気持ちを語ってください。

「何が正しくて、何が間違っているのか」を追求しすぎる

「何が正しくて、何が間違っているのか」ということを追求しすぎると、だんだんと自分が何をしているんだか分からなくなってきたりします。

たとえば、最初は、自分のためにあるいは世の中のために「正しいこと」をしようとやっていたつもりが、いつの間にか「間違ったこと」をやっていた、ということもあります。

あるいは、正しいとみなしていたことが、裏を返せば、実はそれは間違ったことでもあり、正しさとは間違いも含んでいることなのだと気づかずに偏った意見を主張していた、ということもあります。

正しいことと間違っていることとの間に線引きをし過ぎることは、大変さを引き起こすことにもなります。

仕事をしすぎて心身の具合が悪くなっていたら

仕事をしすぎて心身の具合が悪くなっているかたは、健康相談にいらしてください。

あれが欲しいとかこれを食べたいという欲望は本当に自分の気持ちか

私たちは自分の欲望をわかっているつもりでいます。
あれが欲しいとかこれを食べたいとか、そういう気持ちになるので、それが自分の欲望だと認識しています。

だからお金を出して「あるモノ」を買って手に入れたり、長期間の予約を待ってまで「ある飲食店」で食事をしたりします。

ところが、なぜ“それ”を本当に欲しいのかと聞かれると答えられなかったりします。

タバコの責任を負いたくない場合に言い訳をする

自分が責任を負いたくない場合、人は言い訳をするものです。
たとえばタバコを吸っている人が、他人から喫煙を注意されたり禁煙を促されたりした場合、言い訳を言うことが結構みられます。

「風の向きがそっちに行っているから煙が行くのは仕方ない」とか、「タバコをやめてと言われることがストレスになってまた吸いたくなるんだよ」とか、本来、自分の責任や課題であるわけですが、それをしたくないので、別のものの責任にしてしまいます。

相手を理解するには忍耐が要る

相手を理解するには、相手がどうしてそういう行為をするのかを考えなければなりませんから忍耐が要ります。

夫婦間で生じてきた感情をどこに落ち着かせるか

夫婦関係が悪くなって、離婚しようと考えてそれができる人は離婚するかもしれません。

ところが、離婚したいと考えてもそれができない人は、「じゃあ、どうするか?」ということで、その悩ましい気持ちをどこに落ち着かせたらいいのか思案することになります。