加藤直樹の深層心理の相談・治療

神奈川県大磯町にあるヴェール心理カウンセリング TEL 0463-62-0325

「更生」のための心理療法

私のところでは「更生」のための心理療法をおこなっております。「更生」を考えられておりましたらご相談ください。

無理に苦しい経験をしても精神は鍛えられない

無理につらいことや苦しいことを体験したからといって、精神が鍛えられるわけではありません。

何かによってに精神的に支えられている

何気なく暮らしているときは気づきませんが、いったん精神の安定さが失われると、これまで自分が何かによって精神的に支えられてきたかがわかります。

精神が乱れると情緒が安定せず、晴れない気分に覆われ、心身症状が出たりすることがありますが、精神的な支えが得られるとスーッと回復したりします。

容姿や格好をとても気にする

自分の容姿や格好をとても気にする人は、相手の容姿や格好もすごく気になります。それで相手に対して「こうした方がいい」「ああした方がいい」と言ったりすることがあります。

一方で、自分の容姿や格好をあまり気にしない人は、相手の容姿や格好もあまり気にしません。だから相手のことをとやかく言わなかったりします。

騙(だま)されやすいからこそ人に相談をする

私たちはちょっとしたことで騙(だま)されやすい。裏付けもとらずに信じてしまうところがあります。だからこそ、信じ切ってしまう前に「本当のところはどうなのか」ということを人に相談することが大事です。

恋愛がうまくいかなくて苦しい気持ちを聞いてほしい

毎回、恋愛がうまくいかないとか、モテないということになれば悩み苦しみます。
それで自分の何がいけないのかという反省が生まれてきますから、それを人に相談すると、「これがいけない、あれがいけない」とか、「こうしてみたら?」などと言われることになります。

ただ、欠点を挙げようとしたらいくらでも出てきます。

欠点を指摘したからといって人格や性格が変わるわけではないですし、恋愛がうまくいかなくて苦しい時に欠点を指摘されることはむしろ苛立ちや辛さが増えるだけです。

中には「私の問題点をはっきり言ってくれた方が有難い」と言う人もおられるでしょうが、そういう人ですら本音の部分では人から色々言われるよりも、「このつらい気持ちを聞いてほしい」と願っているものです。

人に寛容になれれば争いは起きづらくなるはずですが

人に寛容になることができれば相手との衝突やトラブルは起きづらくなるはずです。しかしそれは理想論であって、人に寛容になれない場合も出てきます。それゆえ世の中には争いごとが絶えず、その歴史を私たちは繰り返しています。

相手の悩みを根掘り葉掘り聞かないようにする

悩んでいる人の気持ちをきちんと聞いてあげることが良いからといって、その悩みごとを根掘り葉掘り聞くと、むしろ相手がつらくなってしまうこともあります。

相手の悩みごとを聞く行為は、聞く側としては相手の秘密を知るようで、もっと知りたいという興味をそそられるものです。
しかし、相手は自分の悩み、言い換えれば「人に知られたくないこと」を言葉にして語るわけですから、自分の身を削る行為でもあります。

それゆえ興味本位で深く聞き出してしまうと、相手は「恥ずかしいことを話してしまった」とか、「変なことを話してしまって私はおかしいと思われているのではないか」といった複雑な感情が生じてきて、話をした後に連絡をとるのをやめたり、関係(縁)を閉ざそうとすることもあります。

ですから、どこまで聞いてあげるのがいいのかというのを考えながら聞かなければなりません。

若い女の人の「だいたい男っていうのは…」という文句

若い女の人が男の人に対して「うざい」とか「きもい」などと言うことがあります。これは仕方がないのもわかります。男の人がしている未熟な行為をよく見聞きすることがありますから。

ただ、「だいたい男っていうのは…」といって男全体に文句が始まる場合は、女の人自身がそういう傾向のある男性としか接していないという問題もあります。

まじめな男の人やきちんとした男の人もいるのですが、「そういう人はつまらない」と相手にしてなくて、問題を抱えている男の人とばかり接しているという問題です。

それで文句を言って相手に責任があるかのようにしているのですが、しかし心の奥では自分の側に問題があるということを薄々わかっていたりします。

人のために尽くす行為

人のために何かをしてあげることについて、心の底から相手のことを想ってやってあげる場合もあれば、自分がすごいと思われたいために人に尽くす場合もあります。