読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

加藤直樹の心理相談・治療|ヴェール深層心理

神奈川県大磯町にあるヴェール心理カウンセリング TEL 0463-62-0325

頑固な性格の問題

頑固なところをもっていると、なかなか相手の意見を受け入れませんから、相手からみれば「私の言っていることを聞き入れないなら、この人はもういいや」ということになりますので、相手も離れていってしまいます。

当たり前と思われるかもしれませんが、たいていの人は相手の意見を受け入れていないか、あるいは表面上は受け入れているようでも実際の行動が伴っていなかったりします。

頑固という問題はそれほど難しく、頑固のせいで人間関係や恋愛がうまくいかないと感じていても頑固の部分はなかなか直せません。

発達障害ではなく精神発達や人格の問題

発達障害のために相手の気持ちを読めなくて人間関係を悪くさせてしまう、ということは世間でよく言われています。そのため、発達障害をもっている本人も、自分の人間関係の悪さは発達障害によるものだということを理解していることが多い。

ところが、発達障害だと言われている人の中には心理的機能の発達・精神発達の問題を抱えている人もおられます。また人格の問題を抱えている人もおられます。

先天的な発達障害ではなくて、育ってきた過程で精神的な問題あるいは人格的な問題が生じていて、発達障害のような様を呈しています。

つまり相手の気持ちをくんで行動することがなかなかできず、愛情は自分自身に向かい、怒りは外側に向いているので、相手から嫌われたり、言い合いになったりして人間関係で問題が起こりやすく、「私はどうしていつもこんなひどい目にあうの?」と苦しむことになります。

うつ病は病気ではなく何かの問題に対抗している反応状態や症状

うつ病にもさまざまありますが、一部のうつ病は症状であり、それ自体が病気なのではありません。何らかの別な問題がその裏にあって、それに本人が対抗しようとして反応している状態がうつ病と呼ばれるものです。
たとえば風邪をひいたときにウイルスの活動性を弱めようとして熱を出すことに似ています。

考えや行動の偏りや歪(ゆが)みを直したいという相談

生きていますと考えや行動が偏ったり歪(ゆが)んだりしてきます。
そうした偏りや歪みを直したいということでしたら私にご相談ください。じっくりとお話を聴いたうえで、どうするべきかをご提案します。

境界例や境界性人格の人たちの感受性の鋭さ

境界例や境界性人格の人たちの感受性というのはものすごく鋭く、本当に人の心を読めるほどのものです。

相手の状況や言動をものすごく観察していて、私に対して「何をしてくれるのか」、「何をしてくれないのか」、そして「私が思っていることにいつ気づいてくれるのか」という点にものすごく鋭敏です。

つまり、自分と関わる相手に対して自分を受容できるだけの器(力量)を求めるのです。そのため「この人は器が小さい」と見抜くと、その人との関わりを避けがちになります。

「私は一人なのかな」という気持ち

幼い時から「私は一人なのかな」という気持ちを持っている人もいます。
幼いながらに人との関わりにぎこちなさを感じていて、孤独感がなんとなく漂(ただよ)い、しかし、そんなことを人に話しても誰もわかってくれないとわかっているので、大人になってもずっと自分のなかに隠していたりします。

そして若い時は何とか克服しようと色々な努力をしつづけて、でもなかなかうまくいかなかったり、みんなと楽しくできなかったりして、「私は友達がいないのかな」とか「自分はダメな人間なのかな」と考えてしまったりします。

孤独で話ができる人がいない時には

「孤独で話ができる人がいない」という時には私がおります。
私に連絡ください。私と話しましょう。

理屈で人間関係を学ぶのではなく、人づきあいのなかから学ぶ

人間関係がうまくいかなくて悩んでいる場合、心理学の本や人生・生き方に関する本をたくさん読んできた人も多いでしょう。本に書かれている内容を頭で理解して人間関係がうまくい人はいいですが、たいていはうまくいかないものです。なぜならそれは理屈だからです。理屈がわかったからと言って、相手が本に書かれているような対応や反応をするわけではないですから。

ですから頭で人間関係を学ぶのではなくて、心理療法を受けるなかで、つまり人(心理療法家)との付き合いのなかで学んでください。そうすることにより、相手への対応や言葉遣いが変わったり、相手に関心をもったり相手の気持ちを理解していくということが身につき始めます。
それが積み重なってくると、ご自身の周りでだんだんと状況が変わってきます。

積極的で対抗的(攻撃的)な人に起きやすい心身症

生きることに積極的で対抗的(攻撃的)な人は、人生の目標を明確に立てたり、仕事の目的意識をとても強くもちます。そして大抵いつも頑張っており、また目まぐるしく動き回るので常に忙しくしています。

そのため、病気ではないのに身体のあちこちが具合の悪いなど心身症が出やすい。しかも症状が出ていても仕事などを休まないので症状が慢性化しがちです。

あまりにも美を追求する人の抱えている心理的問題

あまりにも美(美しい顔や美しいスタイル)を追求している人をみていますと、つらい過去を背負っていることがよくみられます。
生きてきた人生のなかで凄まじい怒りや嫌悪をためてきており、しかしながらそれを解消することもできないために、誰もが賞賛する美というもので消化しようとして、それに自分自身を強迫的に向わせるのです。